パソコン買うと付いてくる Office は他のパソコンで使えるの?

あなたはパソコンを買うとき何を基準にしていますか?

CPU や メモリ容量などのハードウェアの性能ももちろんですが、
Office など付属ソフトの有無も一つの選択の基準になりますよね。

ところが、相談される案件の中で
バンドルされた Office についての理解を
間違っている方が多いと言うことに気がついたので、

本日はパソコンについてくる Office に関する間違いについてお話しします。

本コンテンツの対象となる方

  • パソコンに付いてくる Office が他のパソコンで使えるかを知りたい方

OEM 版とパッケージ版の違い

間違いのお話しの前に、
Office は2種類の販売形態があることはご存じでしょうか?

OEM 版とパッケージ版と言います。
※厳密には OEM 版が更に細分化しますがここでは割愛します

  • OEM 版
    パソコンにプリインストールして出荷されるものです。

  • パッケージ版
    家電量販店などで箱に入って単品で売られているものです。

OEM 版が店頭に並んでいると言う事は基本あり得ません。
※PC パーツと一緒に販売される DSP 版を
OEM 版として売っている業者は存在しますが、厳密には OEM 版とは呼びません

ですので、パソコンに付属している Office は
すべて OEM 版と考えて構いません。

良くある間違い5選!

OEM 版とパッケージ版の違いを知っていただけたならば、
よくある間違いを見ていきましょう!

■パソコンに付属していた Office は未開封だから、Office は買ってないの同じ

違います。

未開封かどうかにかかわらずパソコンにはプリインストールされていますし、
パソコンを購入した時点で Office を購入したことになります。

■自分の所有している別のパソコンで使いたい

ダメです。

OEM 版はパソコンに対してライセンスされているので、
別のパソコンで使う事はライセンス違反です。

■使っていないのでオークションに出品したい

ダメです。

使っているかどうかにかかわらず、
OEM 版は付属したパソコンでのみ利用を許可されています。

■オークションに出ていた OEM 版 Office を購入して使いたい

ダメです。

OEM 版 Office は付属したパソコン以外で利用すると、
ライセンス違反となります。

■会社と自宅なら2台インストールできるらしい?

できません。

恐らく、利用者が「特定の1名」に限られる場合は
2台にインストール可能と言うパッケージ版のライセンスと
混同されているのだと思います。

まとめ

業務でも良く利用される Office の導入は、
アップグレードを含めるとオプションがかなりあり、
ぶっちゃけ分かりづらいです。

本日は一般の流通形態での販売に絞ってお話ししていますが、
ソフトウェア アシュアランスなどのボリューム ライセンスの
お話しまで含めるとかなり複雑です。

逆に、法人でまとまった数を導入する場合には
大幅なコストカットができる事も少なくありません。

2014 年 4 月には Windows XP や Office 2003 の終了も迫っています。

移行の時間も必要ですから、検討される方は急ぎご連絡ください。

また、今回のサービス以外でも構いません。
IT 関連の疑問があれば、お気軽にご相談ください。

※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!

その他質問など、ウェルカムです。

IT関連の見積もり削減サービス

こんなお悩みを抱えている方への朗報です!
・1つの業者にしか見積もりを出しておらず、高いか安いか分からないのを判断したい
・業者の見積もりが一般的なものなのか心配なので教えて欲しい
・複数の業者で見積もったが金額差がありすぎてどれを選択すべきか教えて欲しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です