WordPressで「別の更新が進行中です。」と出た場合の対処方法

ハイブちゃん更新するための方法はある!

WordPress本体やプラグインなどを更新して失敗すると、再度更新しようとしても

「別の更新が進行中です。」

と出て作業が進みません。

WordPressの「別の更新が現在進行中です。」メッセージ

今回の記事ではWordPressで上記のメッセージが出た場合の対応方法についてご紹介いたします。

対処する方法

WordPressで「別の更新が現在進行中です。」メッセージが出た場合に対処するには、次の2つの方法があります。

  • 15分待つ
  • データベースのレコードを消す

それぞれの方法の特長は次の通りです。

15分待つ

WordPressは、複数のアップデートが同時に動作しないように、自動的にロックがかかる設計になっています。

このロックは15分で解除されますので、15分待てば再度アップデートができる環境に戻ります。

参考:Get rid of Another update is currently in progress

データベースのレコードを消す

更新時のロックの実現方法はデータベースのレコードの有無によって実現しています。

すぐに再更新をかけたいのであれば、このレコードを削除すれば可能です。

「wp_options」テーブルの「option_name」列名が「core_updater.lock」となっているレコードが該当するものです。

phpMyAdminなどのデータベース管理ツールで削除するか、次のSQLコマンドを適宜コンソールで実行すれば良いでしょう。

delete from wp_options where option_name = 'core_updater.lock';

まとめ

WordPressで「別の更新が現在進行中です。」メッセージが出た場合の対処方法について、ご紹介しました。

解決の参考になれば。

ITを活用したいのに専任者がいなくて困っている企業向けの相談と実務サポートを行う「ITコンシェルジュ」というサービスと、WordPressの相談と実務に特化した個人事業主向けのサービス「WordPress安心サポートサービス」を提供しています。
美味しい料理とお酒、デジタルガジェット、ジョジョ・ガンダム・マクロス、不動産投資が趣味で、よく寝る奥さんとよく寝る娘2人、よく寝るネコが家族です。
詳しいプロフィールはこちら

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メール講座『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です