WordPressの投稿・ページ内でPHPを利用するプラグインの紹介

WordPress(ワードプレス)で投稿や固定ページで直接PHPのコードを実行したいという要望に応えるための記事です。

WordPressのページ内でPHPを利用する方法

WordPressで独自のPHPコードを実行する方法は次の3種類があります。

  • テンプレートを編集する方法
  • ショートコードを利用して書く方法
  • ページ毎にPHPを直接書く方法

それぞれの特徴を見ていきましょう。

テンプレートを編集する方法

もっともオーソドックスな方法です。

テーマファイルを編集し、必要なPHPコードを埋め込むことで動作します。

子テーマを作成することで、テーマのアップデートでPHPコードが消えるなどは防げますが、テーマをいじることに違いはないのでテーマの切替に対応できません。

ショートコードを利用して書く方法

もっともおすすめするのがこの方法です。

ショートコードとは、あらかじめ作成したPHPプログラムを、投稿や固定ページから”[~]”のように大括弧で括った形式で呼び出せるWordPress標準の機能です。

ビジュアルモードでもテキストモードでも利用できます。

参考)WordPressが標準で持つショートコードについて
ショートコード – WordPress Codex 日本語版

WordPressには多数のフィルターやフックが用意されていますので、世の中のテーマやプラグインで提供されている機能はすべて作ることができると考えていただけます。

自作のショートコードを利用する場合はテーマの functions.php に直接記述します。

functions.php に記述するとテーマに依存してしまいますが、Post Snippetsプラグインなどのショートコード作成・管理用のプラグインを利用することでテーマと切り離して扱えるので、テンプレートの編集と違ってテーマ依存の問題を減らせます。

Post Snippets – WordPressプラグイン

ページ毎にPHPを直接書く方法

恐らくこの記事を探した方はこの方法を求めていると思います。

とりあえずExec-PHPプラグインをインストールすれば利用可能です。
ただし、まったくおすすめしません。理由は後述します。

下記のプラグインをインストールすれば、投稿や固定ページで直接PHPのコードを記述して実行できるようになります。

Exec-PHP – WordPressプラグイン

Exec-PHPをおすすめしない理由

弊社の場合は次の様な理由で投稿・固定ページ内に直接PHPのコードを書けるようにする点をおすすめしていません。

  • WordPressの設計思想から外れる(気がする)
  • 複数の投稿者(とくに自由に登録が可能な)がいるサイトでのセキュリティリスクが高まる
  • ビジュアルモードとテキストモードの切替でコードが壊れる
  • 8年も更新されていない

WordPressの利用者のスキル・モラルに強く依存すると言うことですね。

まとめ

繰り返しになりますが、PHPのコードを利用したいのであれば、プラグインとショートコードを利用する方法をもっともおすすめいたします。

トラブルの原因がプラグインであっても、撰んだあなたに責任が発生してしまいますからね。

ところで、

『顧客に見つけてもらう仕組み』に興味はありませんか?

仕組みができていないために起きた失敗の実例を元に、自社サイトを成功に導くための9つのポイントを、メール講座として提供しています。

WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メールアドレス:

過去の講座受講者から感想をいただきました♪

The following two tabs change content below.

山本 悟

こんにちは、山本 悟です。 中小企業に「賢い近道=スマートカット」をITで提供することをコンセプトに、Webマーケティングの仕組み作りとそのコンサルティングを提供しています。 このWebサイトでは、中小企業がWordPressを使って高性能なシステムを手に入れるための情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です