ハイブちゃん

WordPressでできたWebサイトへの流入に関する情報を分析するためGoogleサーチコンソールに登録したいと思うけど、やり方がわからない方向けに、手順を紹介する記事です。

Googleサーチコンソールに自分のWordPressを追加する手順

手順は大きく次の2つに分かれます。

  • Googleサーチコンソールで登録したいWordPressが動いているURLを指定し、認証コードを取得する
  • 取得した認証コードを、WordPressに設定する
  • Googleサーチコンソールで確認させる

それぞれの手順を見ていきましょう。

Googleサーチコンソールで登録したいWordPressが動いているURLを指定し、認証コードを取得する

Googleサーチコンソールの設定画面から行います。

  1. Googleサーチコンソールにログインします
    Googleサーチコンソール
  2. ヘッダー右側の「プロパティを検索」ドロップダウンを開き、「プロパティを追加」メニューを選択します(旧Googleサーチコンソールが開きます)
  3. 画面右上の「プロパティを追加」ボタンをクリックします
  4. ドロップダウンから「ウェブサイト」を選択し、登録したいWordPressのURLを入力、「追加」ボタンをクリックします
  5. 「https://~の所有権を確認します。」が表示されたら、「別の方法」タブ、「HTMLタグ」オプションを選択します
  6. 表示されたタグ中にある認証コード(content=”~”の~部分)を控えて(コピーして)おきます
    ※クリックするとすべてのタグが選択されてしまうので、メモ帳などにコピーしてからが良い

【重要】この画面は閉じないでください

取得した認証コードを、WordPressに設定する

認証コードをWordPressで作られたサイトに設定する方法はいくつかあります。

  • テーマファイルを編集する→PHPやHTMLがわかっている方向け
  • テーマの機能を利用する(テーマにあれば)→簡単だがテーマに依存する
  • プラグインを利用する→簡単で初心者にもおすすめ

テーマを編集するのはアップデートなどの際に面倒ですので初心者の方はやらない方が良いでしょう。

テーマの機能で認証コードの設置に対応しているものも少なからずあるのですが、テーマに依存するのでこれもおすすめできません。

この例ではプラグインの利用、All in One SEO Packプラグインの利用を前提に手順を説明いたします。

  1. WordPressの管理画面を開きます
  2. 「All in One SEO|一般設定」メニューを開きます
  3. 「ウェブマスター認証」グループの「Googleウェブマスターツール」に、控えておいた認証コードを貼り付け、ページ下の「設定を更新」ボタンをクリックします

Googleサーチコンソールで確認させる

  1. 前の手順の画面(所有者の確認)を開き、「確認」ボタンをクリックします
  2. 「~の所有権が確認されました。」の表示を確認してください

以上です。

まとめ

利用するプラグインなどによって設定箇所は違いますが、手順としてはそう多くないことが分かっていただけたのではないでしょうか。

Googleサーチコンソールは、認証コードを設定したときからしか解析する情報を得ることができません。
本格的に運用するWebサイトほどできる限り早い段階で(できれば立ち上げと同時に)認証コードの設定を行うようにしましょう。

IT関連の見積もり削減サービス

こんなお悩みを抱えている方への朗報です!
・1つの業者にしか見積もりを出しておらず、高いか安いか分からないのを判断したい
・業者の見積もりが一般的なものなのか心配なので教えて欲しい
・複数の業者で見積もったが金額差がありすぎてどれを選択すべきか教えて欲しい