単純な定型作業はパソコン自身に任せるという考え方、RPA

パソコンを使った作業には様々なものがありますが、
システムやソフトウェアに依存した単純作業は意外と多いものです。

パソコンを使っているというよりも
使われているような感覚になる作業などもあるでしょう。

そんなことも世間的に認識されているためか、
ここ数年に流行っているキーワードにRPAというものがあります。

RPAはRobotic Process Automationの略です。

人に代わってロボットが業務を自動化する仕組みに
名前を付けたものです。

すでに工場などのライン業務に取り組まれるなど、
AIなどと併せて着々と実績を伸ばしている技術なんですね。
 

中小企業であってもRPAをうまく使用すれば、
Excelの住所録一覧から自動的にラベル印刷をかけること、
画像処理の自動化や、OCRの入力処理の自動化など、
身近なところでも役に立てられます。

Excelマクロで業務の効率化を計る会社さんは多くありますが、
RPAを利用すると特定のアプリに拘らない自動化ができます。

RPAを実現するソフトウェアには
無料のものから数百万もする有料のものまであります。

今回は無料のものを利用して動画を作ってみたので、
「こんなことができるんだなぁ」と言った感じで
見ていただければと思います。

動画は、、、

 

動画はこちらです。

◎Bluetooth PAN接続をUWSC使って自動化してみた

 
いかがでしょうか。

この動画でお見せしたものはマウス操作を自動化しただけですが、
こういった操作の組み合わせをたくさん用意することによって
人間であれば起こすミスを無くすことができますね。

利用したソフトはUWSCというフリーソフトです。
※高機能な有料版もあり

◎Windows自動化ソフトUWSC

 
まずは定型作業をマクロ的に自動化するところから
業務効率化を初めてみるのもよいのではないでしょうか。

手軽に始められますよ。
 

今回ご紹介したようなソフトを使った業務の効率化のご提案もできますので
現場の仕事の仕方に問題を感じた時にはお気軽にご相談いただければと思います。
 

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

また、登録するだけでWordPressの質問・相談が*無料*でできます。

■メールの方

10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント





※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です