WordPressでカテゴリーごと・タグごとの投稿一覧を表示する方法

「カテゴリー単位とか、タグ単位で
 記事一覧を表示させたい。
 やり方教えて。」
 

WordPressの「投稿」には
「カテゴリー」「タグ」という
属性情報を持たせることができます。
 

ブログとして利用していき記事が増えてくると、

  • 指定したカテゴリーの記事だけ見たいとか
  • 指定したタグの記事だけを見たい

などの要求が出てくるのではないでしょうか。
 

本日は、どのようにすればそれが実現できるのか、
その方法についてお伝えします。

具体的には、、、

 

URLの書き方で指定できます。
 

ワードプレス標準設定の場合

URLに関するカスタマイズを行っていないWordPressでは、
次のURL表現で投稿の一覧を表示させられます。

  • カテゴリー一覧の表示用URL
    http://ドメイン名/?cat=1
  • タグ一覧の表示用URL
    https://ドメイン名/?tag=%E3%82%BF%E3%82%B0
    ※「%E3%82%BF%E3%82%B0」は日本語の「タグ」を表す

このURLでは、
カテゴリー一覧のリンクには作成したカテゴリーのIDが指定され、
タグ一覧のリンクには日本語のタグ名が使われています。

※日本語部分は、URLで使えるようにURLエンコードという変換が行われています

お世辞にも読みやすいとは言えませんね。
 

パーマリンク機能でURLをカスタマイズする

WordPressでは、このURLの表記を
パーマリンクという機能によってカスタマイズできます。

カスタマイズは大まかに次の2つのステップで行います。

  1. パーマリンクの設定
  2. スラッグの設定

順に見ていきましょう。
 

パーマリンクの設定

※パーマリンクはWordPressで扱うすべてのURL表記を変更する機能ですので、
 本来はサイトを正式に公開する前にあらかじめ設定しておくべきものです

  1. WordPressの管理画面を開く
  2. 「設定|パーマリンク設定」メニューを開く
  3. 「共通設定」グループの中から「基本」以外を選択する(カスタム構造がおすすめ)
  4. 「変更を保存」ボタンをクリックする

ここまでの設定で、パーマリンクは次のURLとしてアクセスできるようになります。

  • カテゴリー一覧の表示用URL
    http://ドメイン名/category/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/
    ※「%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E」は日本語の「未分類」を表す
  • タグ一覧の表示用URL
    https://ドメイン名/tag/%E3%82%BF%E3%82%B0
    ※「%E3%82%BF%E3%82%B0」は日本語の「タグ」を表す

パス表記(「/」区切り)できちんと分かれていることがわかりますね。

「/category/」や「/tag/」部分を変更するには、
上記の手順に加えて次の設定を行います。

  1. 「カテゴリーベース」に「category」の代わりに使いたい文字列を指定する
  2. 「タグベース」に「tag」の代わりに使いたい文字列を指定する
  3. 「変更を保存」ボタンをクリックする

この設定を行うと、先のカテゴリー一覧、タグ一覧の表示用URLは
指定した文字列に置き換えた状態でアクセスできるようになります。
 

スラッグを設定して日本語表記を無くす

続いて、日本語部分がURLエンコードによって
読みづらい状態なので、これを変えましょう。

そもそもURLには日本語が使えませんので、
正確には別の英語表記の文字列を割り当てるという作業です。

次の手順で行います。

  1. WordPressの管理画面を開く
  2. 「投稿|カテゴリー(タグ)」メニューを開く
  3. 編集したい項目の「編集」をクリックする
  4. 「スラッグ」を英数字とハイフンのみの表現に変更する
  5. 「更新」ボタンをクリックする
  6. 変更したい項目の数だけ2から5を繰り返す

「未分類」カテゴリーのスラッグを「nocategory」に、
「タグ」タグのスラッグを「mytag」に変更すると、

先のカテゴリー一覧、タグ一覧の表示用URLは
指定した文字列に置き換えた状態でアクセスできるようになります。

  • カテゴリー一覧の表示用URL
    http://ドメイン名/category/nocategory/
  • タグ一覧の表示用URL
    https://ドメイン名/tag/mytag/

スラッグで指定した文字列が、URLに含まれた状態となります。

かなりスッキリしたと思います。
 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • WordPressの「投稿」では「カテゴリー」「タグ」属性を指定できる
  • カテゴリー毎・タグ毎の投稿の一覧を表示させられる
  • それぞれのリンクはカスタマイズできる

いかがでしたでしょうか。
 

WordPressは柔軟性が高いので、
今回ぐらいのカスタマイズなら設定だけでできてしまいます。

どんな機能なのか、その概念が分かっていただけると早いですね。

使っていただければ幸いです。
 

本日の内容が良くわからない、もっと詳しく聞きたい、
代わりにやって欲しい、などの個別対応がご希望であれば、
WordPress専門の相談・サポートサービスがあります。

http://services.dreamhive.co.jp/services/haop

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

また、登録するだけでWordPressの質問・相談が*無料*でできます。

■メールの方

10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント





※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です