IT資産は稼働してこそ価値があります

中小企業におけるIT化のステージ、順番を間違っていませんか?

ドリームハイブでは、中小企業が効率良くIT化を行っていく段階を、次の4つのステージに分けて考えています。
機器導入期、環境整備期、システム化期、成熟期、の4つのステージ、ほとんどの中小企業ではこの4ステージを順にたどることになります。 しかし、世の中のITに関わる多くのサービスは、この中のどれかに含まれるものの、うまく機能していないものが多くあります。


なぜならば、IT資産を形成する上で重要なポイントが抜けているからです。
それは、機器を無視して環境はまとまらず、環境無くしてシステムは活躍できない、ということ。
加えて、働く人が活用できなければ、IT資産が効率を下げてしまう、ということです。
このポイントを無視したIT資産の導入は、会社にとって負担になりかねません。

IT資産の導入には何を求めていますか?

何よりも、IT資産の導入にはお金がかかります。
それなのに、そこから生まれた利益がどの程度のものだったか、把握出来ないのではないでしょうか?
他の企業が導入しているから、などの理由で適当に発注していないでしょうか?

確かにIT化は、かかるコストの割に成果が見えづらい部分が多いと言えます。
しかし、会社である以上、忘れてはならない重要なことが1つあります。
それは、IT資産の導入に費用対効果を求めているか?と言うことです。
導入したIT資産は十分に稼働させましょう!

なぜドリームハイブには3つの事業部があるのでしょうか

まずは次の図を見ていただけますでしょうか。
先ほどの4つのステージに対し、3つの事業部がどのように関わっているかの一部を表しています。


例えば、「環境整備期」にトレーニングは、Office アプリケーションやネットワーク接続された機器の効率的な使用方法を学ぶことができ、個人差はあるものの、資料作成やその解析などの効率が、倍を超えることも少なくありません

会社のビジネスフローがまとまってきた段階で「システム化期」に移れば、定型的な単純作業は全てシステムが扱ってくれます。

人間のもっとも得意とする<<考える仕事>>に集中できます。

もし御社に、4つのステージの全体像を把握する人材や部署がなくても大丈夫です。 ITコンサルティングのサービスで、バランスの良い御社用のプランを提案・実施し、サポートします。

3つの事業部は、バラバラではありません。 勉強会を基本とした技術交流を定期的に図り、常に最新の技術を取り入れるとともに、枯れた(安定した)技術の活用を、お客様の会社ごとに個別に検討します。

3つの事業部は、4つのステージを効率的に作業分担するためのドリームハイブの方策です。
それぞれに特色ある業務を展開しつつ、他事業部との連携で新たな価値を創出するための仕組みです。

成長する企業は 企業とともに成長する仕組み を必ず持っています。

各事業部のリンク

各事業部の詳細な情報へは、以下のリンク、または画面左のサブナビゲーション リンクから参照してください。

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メール講座『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』