WordPressであなたの認知度をあげるプロフィールを表示する方法、プラグイン

ハイブちゃんWordPress(ワードプレス)ですべてのページにプロフィールを表示させれば、Webサイトに訪問者にあなたを認知してもらえます!

ブログで情報発信することはとても重要だと思っているけれども、Webサイトでなかなか反応が得られないと悩んでいませんか?

どこから手を付ければ良いかわからないのであれば、まずはやっていただきたいコトがあります。

それは情報発信しているのは誰がなのか、つまりこの記事を書いたのはあなたであることを訪問者に認識してもらうこと。

この「ファン作り」「ブランディング」というのが無ければ、あなたの記事を次に読んでも、依然と同じ人かどうか分かりません。

つまり、訪問者の記憶に残らないと言うことであり、せっかくの情報発信の力が半減してしまいます。

この記事では、あなたの魅力を伝えるプロフィールをWebサイトで表示させる方法と、その中でも手軽にWordPressに組み込めるプラグインをご紹介いたします。

プロフィールを表示する方法

WordPressでプロフィールを複数ページにまたがって表示させるには、次の3つの方法があります。

  • functions.phpでカスタマイズ
  • ウィジェットでカスタマイズ
  • 専用プラグインを利用

それぞれについて解説いたします。

functions.phpでカスタマイズ

functions.phpでのカスタマイズは、プロフィールを表示するHTMLをデザインして、プログラムで組み込むという方法です。

カスタマイズの自由度が高いのですが、初心者にはお勧めできません。

プログラムでの制御が必要なプロフィールが必要な、Web製作の会社さん向けと言えます。

ウィジェットでカスタマイズ

サイドバーやフッターなど、ウィジェットエリアがある場所ならどこにでもプロフィールを表示させることができる方法です。

複雑なレイアウトが不要でテーマがウィジェットをサポートしていれば、初心者でもできるカスタマイズです。

プロフィールのための画像やテキストを用意したら、次の手順でウィジェットに登録します。

  1. WordPressの管理画面を開く
  2. 「外観|ウィジェット」メニューを開く
  3. 「利用できるウィジェット」グループから、「テキスト」を表示したい「ウィジェットエリア」にドラッグする
  4. プロフィール様の画像とテキストを記述する
    ※プロフィール画像は「メディア」の画像を選択して出てくる「URL」を入力します
    ※WordPress 4.8以降なら投稿と同じように編集できる「ビジュアルモード」が使えます

専用プラグインを利用

プラグインを導入して設定するだけで使えることから、初心者におすすめの方法です。

functions.phpでのカスタマイズに比べて自由度は下がりますが、手軽に始められるので設定していないぐらいならまずはやっていただきたいです。

次に、いくつかのプラグインをご紹介します。

用途別Webサイトにプロフィールを表示するプラグイン

プロフィールというのはユーザーにまつわる情報の全般を指し、海外ではオーサー(Author)やアバター(Avatar)などの名称で使われることが多いため、プラグインもそのような名前付けのものが多いですね。

アバターという単語はゲームや映画でもよく使われるので、なじみも良くなってきたのではないでしょうか。

ここでご紹介する以外のプラグインを探す際のキーワードとしても使ってみてください。

Simple Author Box

シンプルにプロフィールを表示させられる初心者向けのプラグインです。

プラグインを導入して有効化すると、WordPressの管理画面の「ユーザー|あなたのプロフィール」メニューにある「プロフィール情報」に設定したプロフィールが表示されます。

Simple Author Box

Fancier Author Box

前述のSimple Author Boxプラグインよりもカスタマイズができるプラグインです。

次の設定が行えます。

  • 投稿・固定ページの画面で表示する位置の設定(上部、下部、両方)
  • 最新記事を表示する数
  • 表示色のカスタマイズ

ただし、目次作成用のTOCプラグインの目次に含まれてしまうので、同時に利用しないようにしましょう。

Fancier Author Box by ThematoSoup

Gravatar(グラバター)

ちょっと手順は多いのですが、WordPressの公式の方法です。
GravatarというWebサービスを利用します。

Gravatarと連携できるサイト(商用ブログや他のWordPressサイトなど)であれば、共通のアバターを利用できるのが特長です。

次の手順で設定できます。

  1. Gravatarのサイトにアクセスする
  2. Gravatarのアカウントを取得する
  3. 「マイGravatars」を登録する
  4. WordPressの管理画面を開く
  5. 「設定|ディスカッション」メニューを開く
  6. 「アバターを表示する」にチェックを入れる
  7. 「変更を保存」ボタンをクリックする

新規でGravatarを登録した場合は、反映まで数十分かかる場合があります。

まとめ

プロフィールを各ページに表示するのは、プラグインを使えばとても簡単ですね。

簡単に設定できるものからで構いませんので、是非トライしてあなたのファン作り・ブランディングを強化しましょう。

ITを活用したいのに専任者がいなくて困っている企業向けの相談と実務サポートを行う「ITコンシェルジュ」というサービスと、WordPressの相談と実務に特化した個人事業主向けのサービス「WordPress安心サポートサービス」を提供しています。
美味しい料理とお酒、デジタルガジェット、ジョジョ・ガンダム・マクロス、不動産投資が趣味で、よく寝る奥さんとよく寝る娘2人、よく寝るネコが家族です。
詳しいプロフィールはこちら

ところで、

『顧客に見つけてもらう仕組み』作りに興味はありませんか?

96%のWebサイトで仕組みができていないために起きた失敗の実例を元に、自社サイトを成功に導くための9つのポイントを、メール講座として提供しています。

WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メールアドレス:

過去の講座受講者から感想をいただきました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です