WordPressで素敵なランディングページを作る方法とプラグイン

ハイブちゃんランディングページを作ればユーザーに行動してもらいやすくなります。

WordPress(ワードプレス)は簡単に始められるのが特徴の1つであるCMS(コンテンツ管理システム)で、ブログだけでなくWebサイトの製作でもとても一般的なツールとなりました。

さまざまなところで使われるようになると出てくる相談の一つに、ランディングページを作れないのか?というものがあります。

何かの目的でユーザーに着地してもらいたいページ(リスト取りのためのスクイーズページや商品販売のためのセールスページなど)のことをランディングページと呼び、その多くはヘッダー・フッターなどがない1枚ページで構成されています。

この記事ではそんなページの作成方法についてまとめました。

WordPressでランディングページが作れるのか?

まず大前提となる、WordPressでランディングページを作れるのかどうか、についてです。

答えは当然「作れる」です。

WordPressで作れば次のメリット(外注する場合に比べて)があります。

  • 低コスト
  • 早いリリース
  • 好きなタイミングで更新できる

ただし、誰でも簡単に、かは別問題です。

WordPressでランディングページを作る方法

結論から言えば、WordPressでランディングページを作るには次の3つの方法があります。

  • ランディングページの作成に対応したテーマを使う
  • 自分でテーマをカスタマイズする
  • テーマとプラグインを組み合わせる

WordPressはその自由度が非常に高いため、世の中にあるWebサイトはほぼなんでも作れると言っても過言ではありません。

ただし、前提条件に誰でも簡単に、が付くとできることに制限がかかってきます。

今回のランディングページが作れるか、というのもそこがポイントとなります。

それぞれの作り方については次の特長があります。

ランディングページの作成に対応したテーマを使う

WordPressのデザインは「テーマ」機能によって決まります。

テーマには有料・無料で様々なものが存在しており、ランディングページを標準で作れるテーマも存在します。

ですので、初心者が簡単に作るのであれば、ランディングページの作成に対応したテーマを利用するのが良いでしょう。

ただし、一度決めたらテーマを変えることができないというデメリットがあります。

自分でテーマをカスタマイズする

もっとも自由度が高いのがテーマをカスタマイズする方法です。

Webサイトの製作に関する技術があれば、何でもできます。

デメリットは、初心者にはまず無理というハードルの高さですね。

テーマとプラグインを組み合わせる

弊社がおすすめするのは、テーマとプラグインを組み合わせる方法です。

テーマには、1つのページ毎にデザインを指定する「テンプレート」機能があります。

テンプレートでは、色味などのデザイン以外にヘッダー・メニューバー・サイドバー・フッター、などのレウアウトを変えることができ、「ワンカラム(1列)」タイプのテンプレートがあれば、ランディングページを作ることが可能です。

そして、ページの主となるコンテンツエリアはWordPressのページの編集画面で作ります。
WordPressのページ編集画面での操作はWordに似ていますが、標準ではランディングページを作るのには力不足感があります。

例えば、1行100%幅のヘッダーを入れたり、複数カラムを多用した段組などは苦手分野ですね。

その不足感を補うプラグインを組み合わせます。

テーマとプラグインでランディングページを作る際の注意点

ただし、注意点もあります。

大きく分けると次の3つです。

  • テーマとの関係
    テーマの作りに依存して動かないプラグインがあります(原因の多くはどちらかの作りが悪い)。
  • 壊れないこと
    プラグインを停止・有効化したり、テキストモードを選択するとデータが壊れるテーマやプラグインが存在します。
  • プラグインが保守されること
    無料のプラグインには、理由なくアップデートされなくなり、WordPressなどとの互換性に問題がでることがあります。

どのパターンもWebサイトの運営を続けるのに支障をきたしますので、無料だから、とりあえず、などでやり過ぎると危険です。

ランディングページを作るプラグイン、おすすめ3選

Shortcodes Ultimate

無料で使える軽量・高機能なプラグインです。

ビジュアルモードでもテキストモードでも使えるショートコード機能によってランディングページに必要な様々な要素を作り込めます。

Shortcodes Ultimateのショートコード一覧

専用のビジュアルな編集画面を持たないのをマイナスと捉えるか、軽量で良いと捉えるか、人によって評価が分かれるところでしょうか。

Shortcodes Ultimate – WordPress プラグイン

Elementor Page Builder

無料で使い始められるビジュアルな編集画面を持つプラグインです。

専用のエディターが用意されていて、まさにページを見たままに編集していくことができます。

Elementorで編集中の画面

WordPressの編集画面は基本的に使わなくなりますので、初心者に取っては便利な反面、だんだんWordPressのスキルが身についてくると逆に手間と感じる部分もあるかも知れません。

Elementor Page Builder – WordPressプラグイン

Visual Composer

有料でビジュアルな編集画面を持つプラグインです。

前述のElementorと違い、ページの編集機能がWordPressの編集画面に組み込まれているため、初心者にも中級者以上の方にもそしてデザイナーさんにも使いやすい機能とデザインのバランスを持っています。

Visual Composer: Page Builder for WordPress

まとめ

ランディングページを作る方法にはいくつかあり、それぞれの注意点などについて説明いたしました。

その上で、メリットのあるテーマとプラグインの組み合わせをおすすめしたのですが、好みのものはあったでしょうか?

WordPressの一番のメリットである、自分でカスタマイズが比較的簡単にできることをうまく使っていただければと思います。

ITを活用したいのに専任者がいなくて困っている企業向けの相談と実務サポートを行う「ITコンシェルジュ」というサービスと、WordPressの相談と実務に特化した個人事業主向けのサービス「WordPress安心サポートサービス」を提供しています。 美味しい料理とお酒、デジタルガジェット、ジョジョ・ガンダム・マクロス、不動産投資が趣味で、よく寝る奥さんとよく寝る娘2人、よく寝るネコが家族です。 → 詳しいプロフィールはこちら

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メール講座『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です