複数のサービスで同じアカウントが使えるかを簡単に調べる方法

「今使っているアカウントと同じものを
 ○○サービスで使いたいんだけどさ、
 もう取られてたんだよね。どうにかならない?」
 

他の方がすでに取得したアカウントはどうにもなりませんが、
今後であれば気をつける方法があります。

どのようなものかというと、、、

 

Namechkというサービスを利用します。
 

Namechkとは?

Namechkサービスは、
空きドメインとウェブサービスの空きアカウントを
まとめて検索 してくれるサービスです。

Namechk

望んだ文字列が、

  • ドメインとして使えるかどうか
  • SNSやソーシャルブックマークなどのユーザー名として使えるかどうか

をまとめてチェックできるので、
商品・サービス名などを決める際に使うと良いですね。
 

Namechkの使い方

サービスのURLを開くと入力フォームが一つだけあります。
ここに調べたい文字列を入力して検索すると、結果が一覧表示されます。

◎Namechkで検索

 
検索結果は取得可能かなどに応じて色分けがされ、
名前などで並び替えを行うこともできます。

◎Namechkの検索結果の並び替え

検索結果の取得可能な項目をクリックすると、

  • ドメインであればレジストラの選択画面
  • ウェブサービスであればアカウント取得ページ

が、開きます。

※2017.1時点では.jpなどの日本国内向けのものは対応していませんでした

◎Namechkの検索結果からアカウントを取得

 
取得した結果はCSV形式でダウンロードできます。

◎Namechkの検索結果のCSV

 
有料でAPIも提供されているので、
自社サービスに組み込むことも可能です。

開発会社が利用するメリットもありますね。
 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • Namechkは望む文字列でドメインやアカウントを作れるかをまとめてチェックできる
  • 検索結果からすぐにドメインやアカウントを取得できる
  • 検索結果はダウンロードできる

いかがでしたでしょうか。
 

一つ一つ調べるのは手間ですし、探し漏れる可能性も考えると、
このようなサービスを利用するのはとても効率がよいですね。

すぐに使えるものなので、
ちょっと開いてみて自分の商品・サービスを入力してみると
面白い結果があるかも知れませんよ。
 

本日の内容が良くわからない、もっと詳しく聞きたい、
代わりにやって欲しい、などの個別対応がご希望であれば、
専門の相談サービスがあります。

初回無料です。
http://concierge4u.biz/inquiry
 

ところで、

『顧客に見つけてもらう仕組み』に興味はありませんか?

仕組みができていないために起きた失敗の実例を元に、自社サイトを成功に導くための9つのポイントを、メール講座として提供しています。

WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メールアドレス:

過去の講座受講者から感想をいただきました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です