WordPressの情報を一括で検索できないの?

「サービス名を変えたので
 サイト全体をチェックしたいんだけど、
 どうするのが楽?」
 

WordPressには投稿や固定ページ毎に検索機能があるので、
機能毎に探していく方法が基本です

また、WordPressのプラグインを使った
より効率良い方法もあります。

本日は、その様な機能についてご紹介いたします。

具体的には、、、

 

WordPress標準機能で検索可能な場所

WordPressの標準機能で検索ができる、
公開ページに関係する箇所は次の5つです。

  • 投稿
  • 固定ページ
  • コメント
  • メディア
  • リンク

どの管理メニューでも基本的には右上に検索ボックスがあり、
検索したいキーワードを入力してエンターキーを押せば
検索結果が表示されます。

例として、投稿の検索を行っている操作をご覧ください。

◎投稿の検索

固定ページやコメントについても同様に検索を順次行えます。
 

一括(串刺し)検索する方法

標準機能の検索は
どのWordPressでも利用できるのがメリットですが、
機能毎に検索を行うため面倒に思うことも多いでしょう。

この手間を省くのに便利なのが、
Jetpackプラグインの機能の一括検索機能です。

Jetpackプラグインがインストールされ、
WordPress.comと接続されていれば、
次の様に一括検索が可能です。

◎Jetpackによる一括検索

ただし、次の5項目が検索対象です。

  • 投稿
  • 固定ページ
  • コメント
  • メディア
  • プラグイン

例えば、お問い合わせフォームを作るための
Contact Form 7プラグインなどのデータは
検索対象ではないんですね。

そこで、先に紹介したWordPress標準の検索機能と
組み合わせて 、不足がないように注意しましょう。
 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • WordPressには標準で検索機能がある
  • プラグインで検索を楽にすることができる
  • 標準とプラグインの組み合わせで検索すると漏れがなくなる

いかがでしたでしょうか。
 

検索を使いこなすことはとても時短になります。
まずは触ってみていただければ。
 

本日の内容が良くわからない、もっと詳しく聞きたい、
代わりにやって欲しい、などの個別対応がご希望であれば、
専門の相談サービスがあります。

初回無料です。
http://concierge4u.biz/inquiry

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メール講座『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です