WordPressの情報を一括で検索できないの?

「サービス名を変えたので
 サイト全体をチェックしたいんだけど、
 どうするのが楽?」
 

WordPressには投稿や固定ページ毎に検索機能があるので、
機能毎に探していく方法が基本です

また、WordPressのプラグインを使った
より効率良い方法もあります。

本日は、その様な機能についてご紹介いたします。

具体的には、、、

 

WordPress標準機能で検索可能な場所

WordPressの標準機能で検索ができる、
公開ページに関係する箇所は次の5つです。

  • 投稿
  • 固定ページ
  • コメント
  • メディア
  • リンク

どの管理メニューでも基本的には右上に検索ボックスがあり、
検索したいキーワードを入力してエンターキーを押せば
検索結果が表示されます。

例として、投稿の検索を行っている操作をご覧ください。

◎投稿の検索

固定ページやコメントについても同様に検索を順次行えます。
 

一括(串刺し)検索する方法

標準機能の検索は
どのWordPressでも利用できるのがメリットですが、
機能毎に検索を行うため面倒に思うことも多いでしょう。

この手間を省くのに便利なのが、
Jetpackプラグインの機能の一括検索機能です。

Jetpackプラグインがインストールされ、
WordPress.comと接続されていれば、
次の様に一括検索が可能です。

◎Jetpackによる一括検索

ただし、次の5項目が検索対象です。

  • 投稿
  • 固定ページ
  • コメント
  • メディア
  • プラグイン

例えば、お問い合わせフォームを作るための
Contact Form 7プラグインなどのデータは
検索対象ではないんですね。

そこで、先に紹介したWordPress標準の検索機能と
組み合わせて 、不足がないように注意しましょう。
 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • WordPressには標準で検索機能がある
  • プラグインで検索を楽にすることができる
  • 標準とプラグインの組み合わせで検索すると漏れがなくなる

いかがでしたでしょうか。
 

検索を使いこなすことはとても時短になります。
まずは触ってみていただければ。
 

本日の内容が良くわからない、もっと詳しく聞きたい、
代わりにやって欲しい、などの個別対応がご希望であれば、
専門の相談サービスがあります。

初回無料です。
http://concierge4u.biz/inquiry

ところで、

『顧客に見つけてもらう仕組み』に興味はありませんか?

仕組みができていないために起きた失敗の実例を元に、自社サイトを成功に導くための9つのポイントを、メール講座として提供しています。

WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メールアドレス:

過去の講座受講者から感想をいただきました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です