SEO対策としてメタキーワードはどれくらい書くのが良いの?

「WordPressで投稿するときさ、
 メタキーワード指定できるでしょ。
 あれ何個書くのがSEO的に良いの?」

SEO対策に絶対の正解はありませんが、
そうは言っても何か指針は欲しいですよね。

※SEO(Search Engine Optimization)、検索エンジン最適化
 

今日はこの相談に対する弊社の考えを述べさせていただきます。

どのようなものかというと、、、

 

メタキーワードとは?

メタキーワードとは、
Webページ内のコンテンツに関連する単語を
カンマ区切りでmeta keywordsタグに指定したものです。

◎メタキーワードの例

<meta name="keywords" content="WordPress,集客,マーケティング">

元々Googleなどの検索エンジンは、このメタキーワードを元に
ページコンテンツと検索キーワードの関連付けを行っていました。

しかし、検索順位を上げるためだけに
ページコンテンツと関係ないものを記述するスパム行為も横行し、
結果SEO対策としての重要度が下がることにもなりました。
 

メタキーワードに指定する種類

キーワードの種類として3つに分けて考えるのがおすすめです。

主たるキーワード:そのページで最も伝えたいキーワード
類似キーワード:主たるキーワードに類似するキーワード
補助キーワード:主たるキーワードに関連するキーワード

例えば、「WordPress」に類似するのは「ワードプレス」で、
補助するのは「ホームページ」や「CMS」などでしょうか。
 

メタキーワードに指定する数

メタキーワードの数は
ページのコンテンツの目的によって最適解が変わります。

次の様に考えてみてください。

・キーワードが少ない→キーワードあたりの重要度が高まるが、検索結果に出づらい
・キーワードが多い→キーワードあたりの重要度が下がるが、検索結果に出やすい

しっかりと1キーワードに対して作り込んだコンテンツであれば、
1ページ1メタキーワードでもSEO効果は高いと考えられるということです。

逆に、ビックキーワードしか書いてないと
検索順位を上げるのが難しいとも言えます。

実際には流入キーワードを見ながら、
アクセス解析してどのようなユーザーが来たのかをチェックしながら
テストで改善していくのが王道です。
 

先述した3つのキーワード種類の組み合わせで、
「主x1+類似x2+補助x2」の5キーワードが
最適解だという情報などもありますね。

実際弊社では「主+補助」の3つ、
または5つを指定している記事が多いです。
 

ただ、GoogleのMatt Cutts氏の記事にもあるように、
メタキーワードの重要度自体が下がっていることから
SEO対策としては無指定でも良いとも考えられます。

Matt Cutts氏の記事

 
大事なのは、タイトルや記事本文に
きちんとキーワードに関する情報があり、

検索するユーザーにとって
「有益なコンテンツ(長く見られる)」になっていることですね。

これらの指定は、WordPressの場合テーマの機能で指定するか、
All in One SEO Packなどのプラグインで指定する、
どちらかの方法が採れます。
 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • メタキーワードは重要度と検索されやすさで考える
  • メタキーワードには主たるもの、類似するもの、補助するものがある
  • メタキーワードの重要性は下がっている

いかがでしたでしょうか。

冒頭にも書きましたが、SEO対策には絶対解はありません。

それはGoogleが常に検索エンジンとして
より検索するユーザーに最適な情報を提供するために
アルゴリズムを新しくし続けているからです。
 

いかに検索する人の気持ちを持って
キーワードを設定できるかがポイントですね。

今のお客さんがどんなキーワードを使ったていたか、
是非尋ねてみてください。
 

もっと詳しく聞きたい、代わりにやって欲しい、などの
個別対応をご希望される方向けの対面相談サービスがあります。

初回無料です。
http://concierge4u.biz/inquiry

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メール講座『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です