参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】Googleで入力したパスワードって消せるの?

「Google Chromeで入力したパスワード、
 前のメールアドレスで登録されているヤツも
 一緒に出ちゃうんだけどさ、これってどこかで消せるの?」
 

最近のWebブラウザーは
Web上のサービスにログインしたユーザーの情報を
保存する機能が付いていますね。

また、そのログイン情報は同じGoogleアカウント
(Google ChromeであればGmailのもの)であれば
他のデバイス(PCやMac、iPhoneなどの端末)で
共有できるようにGoogleのクラウド上に保存されています。

しかし、今回ご質問いただいたように、
IDやメールアドレスを変更したことで
不要になった情報が残り続ける場合もあります。
 

不要な情報を残し続けるのは
セキュリティの観点からも良くありませんので、

今回はGoogleのクラウド上に保存された情報を
消す方法についてお伝えします。

それでは具体的に、、、

 

Chromeはどこにどんな情報を保存しているか

ChromeではさまざまなWebサイトのパスワードを保存できますが、
保存するかどうかはユーザーが決めることができます。

一度保存されると、次回のアクセス時に自動的にログインします。

保存する情報

Chromeは、ユーザーがログインに使った情報として、
次の3つを保存するようにしています。

  • ログイン画面のURL
  • ID(に該当すると判断した入力項目)
  • パスワード(に該当すると判断した入力項目)

フォームの入力項目は制作者によって色々な名前がありますので、
あくまでもChromeが判断した情報しか保存されないのですが
必要十分な精度だと思います。

保存する場所

これらの情報は、Chromeの設定によって次の保存先が決まります。

  • ChromeにGoogleアカウントでログインしてない場合
    お使いのChromeにのみ情報が保存(ローカル保存)されます。
  • ChromeにGoogleアカウントでログインし、かつパスワードを同期している場合
    Googleのクラウド上に保存され、かつ同じGoogleアカウントでログインしているデバイスに同期されます
     

保存された情報を管理する方法

Chromeで保存されたログイン情報は
次の方法で管理(編集や削除)ができます。
 

ローカルに保存された情報の管理方法

Chromeの設定で同期されているかどうかにかかわらず、
次の方法で管理できます。

  1. 右上の「詳細アイコン|設定」をクリックします
  2. 一番下の「詳細設定を表示」をクリックします
  3. 「パスワードとフォーム」で「パスワードを管理」をクリックすると、保存したパスワードのリストが表示されます

◎Google Chromeに保存されたログイン情報
Google Chromeに保存されたログイン情報

「保存したパスワード」の中からウェブサイト(対象のドメイン)を選択し、
「表示」をクリックするとパスワードが表示されます。

PC/Macをパスワードでロックしている場合は、
パスワードを入力するように求められます。
 

クラウドに保存された情報の管理方法

Googleアカウントで同期されている情報を管理する方法についてです。

Webブラウザーで「保存したパスワード」サイトを開くだけです。

保存したパスワードへのリンク

◎Googleのクラウド上に保存されたログイン情報
Googleのクラウド上に保存されたログイン情報

「目」アイコンをクリックすると、保存したパスワードが表示されます。
「×」アイコンをクリックすると、設定を削除できます。
 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • Chromeはログイン情報を保存できる
  • 保存先はローカルかクラウド
  • 保存された情報を管理する機能がある

いかがでしたでしょうか。
 

この情報が多すぎるとChromeが遅くなる、かも(笑)

それは置いておいて、整理しておいた方が気持ちがいいですね。
 

もっと詳しく聞きたい、代わりにやって欲しい、などの
個別対応をご希望される方向けの対面相談サービスがあります。

初回無料です。
http://concierge4u.biz/inquiry
 

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。