WordPressのデザインをカスタマイズするときにどんなテンプレートが使われているかを簡単に知る方法

「WordPressのデザインをデザイナーさんに頼んだら、
 ファイルの構成が良くわからないって言われたんだよ。
 どうすればいい?」
 

WordPressは簡単に「テーマ」という機能で
見た目のデザインを簡単に変えることができます。

しかし、いざデザインをカスタマイズするために
デザイナーさんが手を付けようとすると、
どんなファイルがどこで使われているかがわからない、
という声をよく聞きます。

そこで本日は、WordPressのテーマが
どのようなファイルで構成されているかを
簡単に知る方法についてお伝えします。

どのような方法かというと、、、

 

「WP Template Viewer」プラグインを使います。

下記の画面キャプチャーは
実際にテンプレートの一覧を表示したものです。

◎WP Template Viewerで表示しているテンプレートの一覧
WP Template Viewerで表示しているテンプレートの一覧
 

WordPressのデザインはテーマで決まる

前述の通りWordPressのデザインはテーマによって決まります。

WordPressの管理画面で「外観|テーマ」メニューを開くと、
インストールされているテーマの一覧が表示されます。

テーマを切り替えたい場合には、
一覧画面から切り替えたいテーマを「有効化」するだけです。

作成した投稿や固定ページのデータはそのままに、
デザインだけ着せ替えられることがわかるでしょう。
 

テーマはテンプレートの集合体

テーマを作る技術には次の様なものが使われています。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • WordPressの関数

一般的なデザインに必要な上から3つ目までの知識に加えて、
PHPやWordPressの関数の知識が必要になるんですね。

なくても作ることはできますが、
大幅にできることに制限がかかってしまいます。
 

また、画面の構成要素である
ヘッダーやフッター、投稿ページなど、

デザインが共通する部分は
それぞれを独立したファイルとして作成することで

効率良くデザインの変更に対応できるように作られています。
 

これら一つ一つのパーツのことを、
WordPressではテンプレートと呼びます。

複数のテンプレートの組み合わせで
ページが構成されているのです。

このデザインが入ったテンプレートを
集めてまとめたものが、テーマです。
 

一般的な用語としてのテンプレートのことを
WordPressではテーマと呼ぶので、
Webを検索するときには注意するとよいかと思います。

 

ページで使われているテンプレートを一覧表示するプラグイン

逆に言えば、Webブラウザーで見たデザインというのは
パーツが組み合わさった結果でしかありません。

ページをテンプレートに分割して
パーツのデザインがどのファイルに含まれているかを知らなければ、
デザインをするのがとても大変と言うことです。

PHPの知識がある技術者であれば、
include()やrequire()系の関数を追っていくことで
構成要素となるファイルを見つけることができますが、
それでも手間であることには違いありません。
 

そこでおすすめするのが今日ご紹介する
「WP Template Viewer」プラグインです。

このプラグインを導入したあとに
ログインした状態でWordPressの「公開画面」を表示すると、

次の画面キャプチャーのように、
管理バーに「Templates」というメニューが表示され、
現在のページを構成しているテンプレートの
ファイルの一覧をチェックすることができます。

◎WP Template Viewerで表示しているテンプレートの一覧
WP Template Viewerで表示しているテンプレートの一覧
※Simplicity2テーマを利用しています

このプラグインを導入すれば、
あっという間にテーマの構成ファイルを
知ることができると言うわけですね。
 

プラグインの導入方法

WP Template Viewerプラグインは、次の手順で導入できます。

  1. WordPressの管理画面にログインする
  2. 「プラグイン|新規追加」メニューを開く
  3. 「WP Template Viewer」で検索し、インストール・有効化します

プラグインが有効になっていれば、
ログインした状態で公開画面を表示することで
自動的にテンプレートファイルの一覧が見えるようになります。
 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • WordPressのデザインはテーマで決まる
  • テーマはテンプレートの集合体
  • どんなテンプレートでページが構成されているか調べるプラグインがある

いかがでしたでしょうか。

デザイナーさんには必須のプラグインじゃないかと
個人的には思っています。

また、WordPressのデザインカスタマイズを
外注する際には是非伝えて欲しいとも思っています。

効率良く!ですね(^^)
 

もっと詳しく聞きたい、代わりにやって欲しい、などの
個別対応をご希望される方向けの対面相談サービスがあります。

初回無料です。
http://concierge4u.biz/inquiry
 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

ところであなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』メール講座
メールアドレス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です