参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】Googleフォームでメールアドレスの入力かどうかをチェックする方法

「Googleフォーム使ってみたんだけど、
 メールアドレスの入力間違える人をどうにかできない?」
 

Googleフォームの使い方についてお伝えしたところ、
フォームに入力される内容に数値だけやメールアドレスだけ、などの
入力の制限をかけられないか、という相談を受ける様になりました。

そこで本日は、そのような制限をかける
Googleフォームの機能についてお伝えしますね。

どのようなものかというと、、、

 

「データの検証」という機能を使います。

Googleフォームのサンプルはこちらから。

 

データの検証とは?

まずは下記の画面を見てください。

メールアドレス以外が入力されたため、
赤いエラーメッセージが表示され、薄く赤色の背景色が付いています。

◎Googleフォームでメールアドレスのエラーを検出したところ
Googleフォームでメールアドレスのエラーを検出したところ

正しいメールアドレスの入力であれば、
このような変化はありません。
 

このように視覚的に入力に問題があることを伝えることで、
入力ミスを減らすことができるのが、
データの検証機能のメリットですね。

また、集計する側にとっても 正しい値 が入っている前提で
データを集計できるというのもありがたいことだと思います。

他にもデータの検証機能では、次の様な機能を持っています。

  • 指定した文字が含まれているかどうか
  • 指定した文字が含まれていないかどうか
  • URLかどうか
  • 数値かどうか
  • 整数かどうか
  • 入力された数値の大小や範囲の確認
  • 入力された文字列の長さの最大長・最小長
  • 正規表現によるパターンマッチ

とくに、正規表現でチェックパターンを指定できるのは非常に強力です。
プログラマーの方などにとってはとても使い勝手が良いのではないでしょうか?

そして、これらのデータの検証を設定するのはとても簡単です。
 

データの検証を行う設定

データの検証を設定するのは、フォームの編集画面から行います。

基本は3ステップです。

  1. 質問の種類を「記述式」にします
  2. 「…」オプションから「データの検証」にチェックを入れます
  3. 新たに表示される検証方法を設定します
    この例では、「テキスト」「メールアドレス」「カスタムのエラーテキスト」の3つを指定しました。

下記の画面を参考にしてください。

◎Googleフォームでメールアドレスのデータの検証を設定しているところ
Googleフォームでメールアドレスのデータの検証を設定しているところ

検証方法の枠内で、先ほどのデータ検証の方法を指定していきます。

数は多くないので、色々試してみると良いでしょう。

 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • Googleフォームには入力に制限をかけることができる
  • 「データの検証」で行える
  • エラーメッセージのカスタマイズもできる

いかがでしたでしょうか。
 

入力するユーザーにとっても、
入力されたデータを利用する私たちにとっても、
メリットがあることがわかっていただけたのではないでしょうか?

無料でいつでもすぐに使い始められるものですから、
是非5分、時間を確保して触ってみてください。
 

もっと詳しく聞きたい、代わりにやって欲しい、などの
個別対応をご希望される方向けの対面相談サービスがあります。

初回無料です。
http://concierge4u.biz/inquiry
 

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。