WordPressで海外製のテーマを使う際の注意点

「超カッコイイと思って買ったテーマがあるんだけどさ、
 自分のサイトに組み込んだらなんかダサいのなんで?」
 

WordPressには「テーマ」というウェブサイトのデザインを
自由にカスタマイズすることが出来る機能があり、
有償・無償含めて世界中で配布されています。

しかし、上記の話のように、
自分のWordPressに組み込んでみたら、
見た目がどうもおかしいという話をよく聞きます。

この原因がなにかと言うと、、、

 

日本語のフォントを使うための設定がされていないことです。
 

テーマとは何か

テーマを簡単に説明すると、ウェブサイトの「着せ替え」です。
レイアウトや配色などのいわゆる見た目の調整を行うことができます。

さらに、表示する内容を調整することもできます。
 

ウェブサイトのデザインがたくさんあるのと同じ様に
WordPressのテーマもたくさんあり、
自由に選択することができます。

WordPressをセットアップした時点で
いくつかのテーマが含まれていますので、
管理画面の「外観|テーマ」メニューを見てみると良いでしょう。

◎WordPressテーマの一覧
WordPressテーマ一覧
 

テーマの中身

テーマは、

  • 技術的にはHTMLやCSSといったデザイン面に関するもの
  • JavaScriptなどによるクライアントサイドの動作に係わるもの
  • PHPというサーバーサイドのプログラム

によって構成されています。
 

これは、テーマを作る人間には
次の要素が備わってなければならないことを示しています。

  • ウェブデザインのスキル
  • PHPプログラミングのスキル
  • WordPressの機能に関する知識
     

テーマの種類

WordPressのテーマは、

  • 管理画面から検索してインストールできるようになっているもの
  • 自分でファイルをアップロードしてインストールが必要なもの

に分かれています。
 

前者は、
管理画面の「外観|テーマ」メニューの「新規追加」ボタンから探すか、
「WordPressテーマディレクトリ」サイトで一覧を見ることができます。

WordPressテーマディレクトリ

 
見ていただくとわかりますが、
テーマを製作する方は世界中にいるので多くのテーマは海外製です。
 

海外製テーマの注意点

テーマを構成する技術は一般的なウェブ制作のものなので
海外製であっても関係なく利用することができます。

しかし、海外製テーマを日本のサイトで利用する場合
次のような点を注意すべきです。

  • 管理画面が英語
  • 日本語フォントの指定がない
  • マニュアルが英語
  • サポートが英語

管理画面、マニュアルやサポートが英語なのは仕方がないですね。

しかし、日本語フォントの指定がない場合、
日本で見られるウェブサイトとしては
見た目に影響の大きいため困ることになります。

最近では、OSが持つフォントリンク機能によって
(OSによって名称が違います)
日本語が表示されないことはないのですが、
明らかにデザインが崩れるなどが起こりかねません。
 

テーマを日本語対応させる方法

そこで、海外製のテーマで日本語フォントを
なんとか使いたい場合、どのように指定するかについてお伝えします。

と言っても、利用するフォントをCSSによって指定するのみです。

テーマを構成するファイル群は、
WordPressをインストールしたディレクトリ
の下にテーマごとに分かれて存在します。

インストールしたディレクトリ/wp-content/themes/テーマのディレクトリ/

 
ここで適用したいテーマのCSSを開き、
下記のようにフォントファミリーの設定に
日本語フォントを優先して利用するように書き加えます。

font-family: 'Hiragino Kaku Gothic Pro', 'ヒラギノ角ゴ Pro W3', Meiryo, メイリオ, Osaka, 'MS PGothic', arial, helvetica, sans-serif;

前に書かれているフォントほど優先的に表示に利用されます。
利用するコンピュータに入っていないフォントは無視されます。
 

FTPやCSSの概念がない方には
少しハードルが高い作業かもしれませんね。

その場合は他の似たテーマを探すというのも一つの方法ですし、楽です。

WordPressでサイトを立ち上げる目的に、
デザインの要素が必須なのかどうかの観点で考えると良いかと思います。
 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • テーマはHTMLとCSSの集合体である
  • 日本語を表示するには日本語のフォントを指定しなければならない
  • 初心者は日本語できれいなテーマを撰んだ方が楽

いかがでしたでしょうか。
 

WordPressはカスタマイズしやすく、
テーマなどはついつい見た目がすぐに変わるので手を入れたくなると思いますが、
じっくりと取り組むべきはサイトの内容です。

いずれにせよビジネス上のテスト段階で見た目に拘るのは止めるのがおすすめです。
 

弊社では、環境設定に必要な作業を全部お任せできるサービスを提供しています。
どんなことをやっているのか見てみてください。

ホームページ安心お任せパック

 
もっと詳しく聞きたい、代わりにやって欲しい、などの
個別対応をご希望される方向けの対面相談サービスがあります。

初回無料です。
http://concierge4u.biz/inquiry
 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

ところであなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』メール講座
メールアドレス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です