ブログ記事の「ネタ」を増やすための3ステップ

「ブログの記事を書くネタが切れた。
 どうにかしてくれ。」

えーーーー

と思うこともありますが、確かに自分の場合、
ネタが切れることはあんまりないですね。

更新できない時って、純粋に時間が取れないとかが理由ですし。

とりあえず、私の場合のネタ切れを無くす方法をお伝えしますね。

どのような方法かというと、、、

 

顧客の質問を利用すること、です。
 

ステップ1:質問から導きたいゴールまでの道筋を考える

あなたが何かしらサービスを提供しているのであれば、
質問がないということはまずないと思います。

サービス提供前とかでまだ質問がないのであれば、
お茶会でもなんでもやってサービスの説明をしてみて、
そこで出てくるものを使いましょう。
 

出てきた質問の多くは、あなたが導きたいゴールに
クライアントさんが向かう途中で引っかかったものです。

例)ツールAを使いたい(質問)→自由な時間を作りたい(ゴール)

この導きたいゴールまでの道筋を考えるのが第一ステップです。
 

ステップ2:ネタの要素を分ける

ゴールへの道筋が定まったら、

質問が解決された未来の状態から、悩みを抱えている現在の状況までを

逆算して必要となる工程を考えます。
 

この工程がそれぞれ記事のネタになります。

例)ツールAを使いたい(質問)

  • ツールの概要説明
  • 他のツールとの比較
  • ツールの導入方法
  • ツールの使い方
  • ツールの組み合わせ方

など。

ここでは、
ゴールに向かうために必要な情報
を中心にネタ出しをしましょう。
 

ステップ3:記事のタイトル出しを行う

書く記事のネタが出たら、次はタイトル決めです。

ぶっちゃけ、Googleの検索結果に出るタイトルだけで
読む読まれないの可否が決まりますから、ここ大事です。

タイトル用のスワイプなどを使っても良いですし、
NAVERまとめなどの記事タイトルも参考になると思います。

NAVERまとめ

 
ステップ2で出したネタ1つにつき複数のタイトルが出ても良いので、
先にまとめて作ってしまいましょう。

タイトル作る作業と記事を書く作業を同時に行うと
ゴール設定がぶれてしまうのが理由です。

このとき気を付けるのは、ターゲットやペルソナです。
つまり 誰に向かって伝えたいのか と言うことです。

同じネタ・同じメッセージであっても、
伝える先であるペルソナによって表現が変わります。

質問した人は読みたいか?、をチェックポイントにします。
 

ネタ出しがネタなので、以上!(笑)
 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • 質問と導くべきゴールは違う
  • 質問が出た地点からゴールまでの道筋を考えるとネタが増える
  • ネタからタイトルを先に作る

いかがでしたでしょうか。
 

質問者を導きたいゴールを決めておけば、
ちょっとした質問に答えるだけでなく
ネタを増やすことができるんですね。

複数のサービスを提供している方であれば、
ネタの数を相乗効果で増やせますよ!
 

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メール講座『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です