参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】計算?それぐらいブラウザーにやらせれば?

ちょっとした計算が必要になることは
起業家含めてビジネスマンには多いでしょう。

ところで、その計算はいつも何でやっているでしょうか?

  • 計算機を取り出す?
  • スマホの計算機アプリを起動する?
  • パソコンのウィジェットを使う?

色々方法はあると思うのですが、
ブラウザーでもできちゃうので今日はその紹介です。

どのようにやるかと言うと、、、

 

アドレスバーに計算式を入れるだけ です。
 

なぜアドレスバーで計算できるのか?

今回ご紹介するTipsは、実はブラウザーの機能ではありません。

計算を実際に行うのはGoogleの「電卓と単位変換」機能なのです。

◎参考:電卓と単位変換

Googleは検索エンジンがとても優れていることで有名ですが、
他にもその検索技術を使ったサービスをいくつも提供しており、
そのうちの一つが今回ご紹介している電卓機能です。

Googleの電卓機能では、次の4つの機能を使うことができます。

  • 算数
  • 関数
  • 物理定数の値
  • 基底変換と代表的な変換

なかなか多機能ではないでしょうか?
 

電卓機能の使い方

電卓機能を使うのはとても簡単です。

Googleの検索機能を使えれば良いので、
Internet Explorer、Firefox、Google Chromeなど
どのブラウザーであっても構いません。

この例では、標準でアドレスバーに入力した内容を
Googleで検索してくれるGoogle Chromeを使ってみました。

◎計算結果を表示させているところ
Googleの計算結果を表示させているところ

 

いかがでしょうか?

「3*10+2=」と入力すると、
その下のサジェスチョン(提案)の「=」部分に
計算結果が表示されていますね。

先述したとおり関数や定数なども使えますので、
「sqrt(100)=」や「2*pi=」なども計算してくれますよ。
 

電卓画面もあります

検索のサジェスチョン(提案)に出す以外に、
電卓の画面そのものを表示させることもできます。

◎Googleの電卓画面
Googleの電卓画面

いかがでしょう?
タブレットなど、タッチパネルタイプであれば
まさに電卓として使えるのではないでしょうか?

計算式を入力したあと、検索を実行しても表示されますよ。
 

グラフを表示する機能もある

電卓に関連する機能として、
グラフを描画する機能 も持っています。

◎数式からグラフを作成した画面
Googleで数式からグラフを作成する方法

「y=2x-3,y=-x^2+20」という
2つの数式を同時に表示させてみました。

関数を伴った複雑な数式でもグラフ化してくれますよ。
数学が苦手な人にも良いですね(笑)

 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • アドレスバーを使って計算することができる
  • Googleの電卓機能を使っている
  • グラフを表示する機能がある

いかがでしたでしょうか?

普段から手元に計算機を置いている方は
それほど多くは無いのではないかと思います。

ちょっと計算したいだけのために
あらかじめアプリを用意しておかなくても、
今回ご紹介した方法であれば簡単で楽ですね。

しかも計算結果は検索履歴としても残るというおまけ付き!(笑)
 

目的の情報にたどり着くには検索テクニックが大事ですね。

しかし、見つけた情報があなたに合ったものかどうかは別問題。
そんな面倒を無くすには、弊社の相談サービスをご利用ください。
 

ITコンサルティング サービス
http://www.dreamhive.co.jp/business/consulting
※初回無料相談(90分3万円相当)サービス中です
 

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。