参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】セミナー中にこっそりiPhoneで写真を撮る方法

iPhoneを使っている方、すごく多いと思います。

ただ、カメラの撮影時のシャッター音って大きくないですか?

特に静かなセミナー会場などで撮る際などにはすごく気を遣う、
と言うか写真を撮ること自体を躊躇してしまいますよね。

そこで今日は、音を小さくする、
もしくは無音で撮影する方法についてお伝えします。

その具体的な方法ですが、、、

 

スピーカーを塞ぐか専用のアプリを使います。
 

スピーカーをふさぐ

最も簡単に音を小さくする方法は、
iPhoneのスピーカー部分を指などで塞ぐという単純なものです。

これだけでかなりの静音効果が出るので、
昼のレストランで食事の写真を撮るぐらいなら問題なくなります。

とは言っても、スピーカーの音はiPhone内から出てしまうので、
完全な消音とはいきません。

まずは手軽に、というぐらいの感じで使ってみてください。
 

iPhoneのスピーカーは、液晶画面に向かって右下にありますので、
事前に何回か音を鳴らして確認しておきましょう。
 

アプリを使う

アプリを使っての方法は、
スピーカーからそもそも音が出ないので完全に無音で撮影ができます。

これを実現するカメラアプリはいろいろあるのですが、
初めてならStageCamera HDを使ってみるとよいでしょう。

このアプリの特徴は次のようなものがあります。

  • 無音で撮影ができる
  • 無音で動画が撮れる
  • カメラの解像度が簡単に切り替えられる。

StageCameraHD – 高画質マナー(無音)カメラ

このアプリは無音で撮影できることはもちろん、
簡単に動画撮影に切り替えることができます。

また、iPhoneしか使わない方にはなじみが薄いと思われる、
画質に直結する解像度という画素の密度を表す単位を変更することができます。

デジカメなどでは通常できるんですけどね。

この変更機能をカメラアプリで実現しているので、
とりあえず写っていればいいやぐらいの写真は低解像度設定にして
本体のディスク容量を圧迫しないようにすることなどができます。
 

これで撮影時の音を気にせずに写真を撮ることができますね!
 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • iPhoneで音を小さく撮影する方法がある
  • スピーカー部分を塞ぐ方法は音を小さくする
  • 専用アプリを使えば無音で撮影できる

どちらの方法でも構いませんが、
あらかじめアプリをインストールしておくなど
使うときに焦らないように練習しておきましょう。
 

時間を無駄にしている行為というのは自分ではなかなか見つかりません。
今やっている仕事などで改善点がないかどうか、
チェックしてみたい方のご相談を受け付けています。
 

ITコンサルティング サービス
http://www.dreamhive.co.jp/business/consulting
※初回無料相談(90分3万円相当)サービス中です
 

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。