参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】ファイルを複数選択するのに絶対に知っておくべき2つのキー

WindowsであれMacであれ、
OSである限りファイルやフォルダーの概念が
なくなることはないでしょう。

※BTRONのような一部のOSでは存在しませんが・・

そのファイルやフォルダーですが、
複数まとめてコピーや削除をするときに
便利な選択方法があることをご存じでしょうか?

ちょっとしたことですが、この方法を知っていれば
基本的な作業の時間を減らすことができますよ。

具体的な操作のキーですが、、、

 

CTRLキーとSHIFTキーを組み合わせることです。

 

なんのためのキーなのか?

CTRLキーやSHIFTキーというのは、
キーボードの中では 装飾キー と呼ばれる種類のキーです。

ほとんどのキーボードで左手前側に配置されています。
 

SHIFTキー

SHIFTキーは、英語の「移す・交替・変化」などの意味があり、
通常と異なる記号を入力するためのキーです。

例えば「a」キーをSHIFTキーを押しながら押すと
「A」の意味を持たせることができます。
 

CTRLキー

CTRLキーは英語のcontrolの略で「制御・支配」などの意味を持ちます。

元々はディスプレイやプリンター、通信装置などに対して
特別な動作(制御)を行うためのキーです。

現在ではOS上のアプリケーションの動作(制御)を行うために用いられ、
例えば「切り取り(CTRL+X)」「コピー(CTRL+C)」「貼り付け(CTRL+P)」
などが代表的な組み合わせです。
 

複数のファイルを選択する方法

Windowsであれば「マイドキュメント」などのフォルダーを開くと、
ファイルやフォルダーが見えます。

※以降、ファイルやフォルダーのことをまとめて「ファイル」と呼びます

マウスでクリックすると、
その場所にあるファイルが選択(反転して色が付く)され、
クリックするたびに別のファイルが選択されます。
 

SHIFTキーの使い方

ファイル選択時のSHIFTキーの役割は 範囲選択 です。

選択したい最初のファイルをクリックして選択し、
選択したい最後のファイルをSHIFTキーを押しながらクリックすると、
その範囲にあるファイルがまとめて選択されます。
 

CTRLキーの使い方

※Mac OS Xの方はcommandキーに置き換えてお読みください

ファイル選択時のCTRLキーの役割は 非連続した選択 です。

1つのファイルを選択したあと、
CTRLキーを押しながら別のファイルをクリックすることで、
複数のファイルを選択することができます。

すでに選択されているファイルをCTRLキーを押しながらクリックすると、
選択が解除されます。
 

SHIFTキーとCTRLキーを組み合わせた使い方

上記の使い方を組み合わせると、

  • 大まかに範囲をSHIFTキーで選択してからCTRLキーで要らないファイルを省く選択方法
  • SHIFTキーでの範囲選択をCTRLキーで複数回行う選択方法

などが可能です。
 

選択範囲を反転する方法

エクスプローラーでは上記の選択範囲を反転する機能があります。

既にファイルが選択された状態で、次のメニューを呼び出してください。

  • Windows 7まで:「編集|選択の切り替え」メニュー
    ※Altキーを押すとメニューバーが表示されます
  • Windows 8以降:「ホーム」タブ、「選択」グループ、「選択の切り替え」ボタン

 

まとめ

今回のポイントをまとめます。

- キーボードには装飾キーが存在する
- ファイルの選択に使う装飾キーはSHIFTキーとCTRLキーである
– エクスプローラーには選択範囲を反転させるメニューがある

これらの知識を組み合わせることで、
撮り溜めた大量の写真などの整理の時間を短縮できますね。

是非お試しください。
 

より具体的な業務に必要な自動化などのご相談については、
弊社の相談サービスをご利用ください。
 

ITコンサルティング サービス
http://www.dreamhive.co.jp/business/consulting
※初回無料相談サービス中です
 

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。