参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】実は以前の環境に戻せるWindows 10のアップグレード

7/29から提供が開始された
Windows 10の無料アップグレードは、
弊社(とくに山本が)でも
おすすめしているアップグレードです。

Windows 7 SP1もしくは
Windows 8.1 Update済みの
PCやタブレットなら、

インターネットに接続して
Windows Updateを有効にしておけば
アップグレードされます。
 

しかし、前回もお伝えしたとおり、
アップグレードウィザードが
若干わかりづらいこともあって、
想定外にアップグレードされてしまった方もいるようです。
 

そこで、操作ミスや
お試しでWindows 10をインストールした方のうち、

問題が出たことを理由にしばらくは前の環境に戻したい!
という方へ向けの情報として

以前の環境へのロールバック方法についてお伝えします。

具体的には、、、

 

Windows 10の回復オプションを利用することです。
 

回復オプションの使い方

回復オプションの使い方は次の手順です。

  1. 画面右端から左にスワイプして「アクションセンター」を表示させます
  2. 「すべての設定」を選択します
  3. 「設定」画面から、「更新とセキュリティ」、「回復」を選択します
  4. 「Windows 8.1に戻す」を選択します

以上です。

この操作を行うと、
個人用ファイルは保持されますが、
アップグレード後にインストールしたアプリやドライバーと、
設定に加えた変更はすべて削除されます。
 

条件

回復オプションを使うためには、
いくつかの条件を満たしている必要があります。

回復オプションを使う可能性がある環境の方は、
あらかじめ下記の4点を確認しておくと良いでしょう。

  • アップグレード後、windows.old フォルダーと $windows.~bt フォルダーの内容がすべて保持されていること。
  • アップグレード後、ユーザー アカウントを追加、削除、移動していないこと。
  • Windows 7 または Windows 8.1 へのサインインにパスワードを使っていた場合は、そのパスワードを知っていること。
  • Windows 10 へのアップグレードに USB ドライブを使った場合は、その USB ドライブがあること。
     

注意点

今回ご紹介した機能は、
”回復”と言う名前からわかるとおり、
アップグレードした環境でしか使えません。

アップグレード後、1ヶ月間のみ利用できる機能です。

また、回復するためには
前のバージョンのデータを本体に保存しておく必要があるため、
この機能を有効にしている間はそのデータ分のディスク容量を消費します。
 

参考:Windows 10 の回復オプション
 

まとめ

いくつかの条件はあるものの、
一般的なユーザーであれば厳しい条件ではないと思います。

私の個人的な感想としても、
Windows 10はWindows 8.1よりも
動作が安定して速くなっているのを体感できていますので、

元に戻す方法を知った上で
お試ししてみるのは良いのではないでしょうか?
 

それでも心配なことがあるならば、
弊社の無料相談でも使ってみてください。
 

ITコンサルティング サービス
http://www.dreamhive.co.jp/business/consulting
※初回無料相談サービス中です
 

ITに関する疑問であれば、とりあえず質問してみてくださいね。
※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!
 

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。