「きさまっ!見ているなっ!」と言われない方法

誰でも、他人に見せたくないもの、見られたくないものなどが
1つは2つやいっぱいはあるでしょう。

例えば、

  • ブラウザーのアクセス履歴
  • アフィリリンクかもなURL
  • 流行のメルマガフィッシングかもなURL

など。
 

私の場合、仕事でテストのためにリンクの動作を検証する必要があるとき、
履歴などが残ってはならないことがあります。

実際には見られても差し支えないとは思いつつも、
誰かにみられるかもと思うと
なんかそう言うのってイヤじゃないですか。

そこで、今日はブラウザーに履歴など残さない方法について
書かせていただきました。

具体的には、、、

 

プライベートモードなどと呼ばれる状態でブラウザーを起動することです。
 

ブラウザーに残る情報

ときどきこのお話をすると言われるのが、
「Googleからログアウトすれば良いのでは?」というものです。

もちろんGoogleに残される情報も大事な履歴なのですが、
今回お話ししたいのはGoogleというサービスに残る情報のみだけではなく、

ブラウザーや、閲覧したウェブサイト側 にも
情報をなるべく残さないことを目指しています。
 

そもそもインターネットでウェブサイトにアクセスすると言うことは、
相手のサーバーに繋ぐということです。

その途中で経由している様々な機器にも、
たくさんの情報を残しながら実際は通信しています。

ブラウザーに限っても、次の様な情報が残されています。

  • アクセスしたURL
  • アドレスバーやフォームに入力したキーワード
  • クッキー(cookie)情報
  • 一時ファイル(テキスト・画像・動画のキャッシュなど)
  • ダウンロード履歴

 

ブラウザーによって呼び方が違う

以下、ブラウザーによって名称は異なるので
各ブラウザーでの呼称を載せます。

バージョンなどによって機能の呼び出し方は違いますが、
「ファイル」メニューやハンバーガーアイコン(3行アイコン)に
実行のためのメニューがあります。

  • Internet Explorer
    「InPrivateブラウズ」
  • Google Chrome
    「新しいシークレット ウィンドウ」
  • Firefox
    「プライベートブラウジング」
  • Opera
    「プライベートタブ / プライベートウインドウ」
  • Safari
    「プライベートブラウジング」

プライベートモードになると、
ブラウザーの色が変わったりその状態を示すアイコンが表示されるなど、
見た目に変化が出るブラウザーがほとんどです。

iPhoneやAndroid端末のChromeなどでも
同じようにプライベートモードにできます。

 

まとめ

プライベートモードにすることで、
多くの情報のやり取りを遮断することができます。

この機能を使えば、
一般的なユーザーであればかなりの問題を回避できると思います。
 

ただし、技術者としては信じすぎるのは良くない、と思っています。

その理由は次の様なものです。

  • ブラウザーはソフトウェアだからバグなどによって
    プライベートモードが崩される可能性があること
  • Chromeなど一部のブラウザーでは、
    プライバシーポリシーなどによって隠されない情報が送られる可能性があること
  • スーパークッキーなどの技術で回避できる方法が存在すること

 
すべてのユーザーに当てはまるものではありませんが、
やはり知識としては知っておいて損は無い内容だと思います。
 

やり方を覚えるのではなく、基本知識を身につけて応用する
がやっぱり王道だと思います。
 

それでも厳しい時のために、
弊社のITコンシェルジュサービスが存在しています。

ITコンサルティング サービス
http://www.dreamhive.co.jp/business/consulting
※初回無料相談サービス中です
 

ITに関する疑問であれば、とりあえず質問してみてくださいね。
※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!
 

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

また、登録するだけでWordPressの質問・相談が*無料*でできます。

■メールの方

10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント





■LINE@の方

ワードプレスの質問・相談用LINE@

友だち追加


※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

「きさまっ!見ているなっ!」と言われない方法” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です