参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】汚い液晶をキレイにする方法

ふと暗くなった画面を見てみると、
なんだか白い曇ったようなぽつぽつ汚れが液晶にたくさんある、
しかもベタベタ・・なんてことないですか?
 

この汚れは、指紋などの皮脂、唾などです(≧Д≦)
まぁ汚い(笑)

でも、汚いからと言ってぞうきんで水拭きとかしちゃだめなんです!

それはなぜかと言うと、、、

 

きれいになるどころか汚れる、
ならまだしも、液晶を傷つけてしまうことさえあります!

ティッシュで拭くのもダメなんですよ!

 

きれいにする方法

汚れの原因は先ほどあげたように皮脂や唾液です。
だから、基本的にはその落とし方は水分・油分と一緒です。
 

落とす手順は次の通り。

  1. 液晶の電源を切って汚れを確認する
    液晶はその構造上、電源が入っていると表面についた汚れが見えづらくなります。
    ※裏から光を当てる方式なので
    そこで、一度電源を切って汚れの場所を確認してからきれいにするのがおすすめです。
  2. 表面のゴミを落とす
    もし表面の汚れが砂のようなものだった場合、
    そのまま拭き始めると液晶の表面を傷つけてしまいます。
    拭く前に、そのような固いゴミは払い落としておきましょう。
  3. 拭く
    表面が柔らかいもので拭きましょう。
    メガネやカメラレンズ用のクリーニングクロスが最適です。
     

表面のゴミを落とすのは
ウェーブなどのホコリ落としを使ってもできるのですが、
ELECOMが出しているホコリキャッチャー KBR-001BU などだと取りやすいですね。
ホコリキャッチャー KBR-001BU

 
拭くのはメガネ拭きで十分ですが、
専用のものではサンワサプライの液晶画面用ハイテククロス DK-KC5などがあります。
液晶画面用ハイテククロス DK-KC5

 
ただ、くしゃみなどで飛んだ唾液は乾いていると落ちづらく、
水拭きするとみず拭きあとができてしまうのです。

この汚れを取るには、専用のスプレーか、
息をはぁーっとかけて拭くのが早いです。

 

絶対にヤッチャイケナイコト

上記の手順での注意が1点あります。

それは、用途に液晶が入っていないクリーニング剤は
絶対に使ってはいけない、ということです。

例えば、多くのガラスクリーナーには溶剤や研磨剤が含まれているので
液晶画面の表面を傷付けてしまいます。

最悪の場合はタッチパネルなどが動かなくなることさえあります。

 

きれいを保つ方法

きれいを保つための一番の方法は、汚す環境に置かないことです。

汚す原因は、

  • 液晶面の近くで話すときつばを飛ばさない
  • くしゃみをしない
  • 食事をしない
  • 手で直接触れない
  • ハミガキしない(笑)
  • 料理をしない
  • スプレー缶を使用しない

などですね。
 

あとは液晶保護シートなどを使い、
落ちない汚れが付いたら交換する、というのもよいと思います。
 

スマートフォンは種類によって液晶のタイプが違います。

液晶のタイプがわからなければ
基本的にスクリーンプロテクターを貼るのがおすすめです。

 

まとめ

パソコンを使うならもっとも良くみるのが画面でしょうし、
汚れているとそれだけで無駄に視力を使って疲れてしまいます。

キープクリーンを液晶にも気を配ってみましょう。
 

弊社のコンシェルジュサービスでは、
今回のような質問も受け付けていますよ。

ITコンサルティング サービス
http://www.dreamhive.co.jp/business/consulting

 
ITに関する疑問であれば、とりあえず質問してみてくださいね。
※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。