参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】格安スマホでも携帯番号は使えるの?

とうおるるるる、るるるるるる、るるるるる、るるるん
#ドッピオ風

キャリアによっても変わりますが、
電話の呼び出し音というのは誰が聞いてもわかりますね。

さて、今日のネタは呼び出し音ではなく、
携帯番号についてです。
 

携帯番号といえば080や090が有名ですが、
PHSの070もMNPも可能になるなど携帯番号になったことから、
だんだんと多様化してきていますね。
 

※番号については総務省の「電気通信番号指定状況」が参考になります
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/top/tel_number/number_shitei.html

このように色々ある携帯番号ですが、
格安スマホでも使えるのか? という相談を受けました。

結論からいうと、、、

 

結論からいえば、購入するSIMカードに依存 します。
 

電話をかけるための条件

ここでいったん
スマートフォンが携帯番号を持つという構成とはどういうことか、
について確認しましょう。

ポイントは2つあります。
 

通話のための機能

1つめは、
スマートフォンを電話として使用するためには、
通話のための機能(主にハードウェア)を持つ 必要があります(ざっくり)。

だから、通話のための機能が付いていれば、
パソコンでも(私は存在を知りませんが)
タブレットでも(一部機種が存在します)
通話することが可能です。
 

SIMカード

2つめは、SIMカードと呼ばれるカードが必要です。
※SIM:Subscriber Identity Module

SIMカードとは、

「電話番号を特定するための固有のID番号や携帯番号、
契約者情報を記録などが記録されたICカードのこと」

で、あらかじめキャリアと契約して貸与されます。
 

日本では、DOCOMOがFOMAカード、auがauICカード、
SoftBankがUSIMカードなどと呼び方が異なりますが、
すべてSIMカードのことです。
 

つまり、

通話機能を持ったデバイス(スマホやタブレットなど)に
SIMカードを挿せば電話をかけられる

ということです。

 

スマホで携帯番号を使うためには・・・

続いて、
元々の質問である080/090の電話番号を持てるのか、
についてです。

通話機能を持ったデバイス(スマホやタブレットなど)は、
あくまでもハードウェア的に電話をかけられるだけであり、
電話番号などの情報は持っていません
 

電話番号を管理しているのは
キャリア(DOCOMO、au、SoftBankなど)であり、
その契約情報と電話番号が保存されたのがSIMカードですので、

結論は 080/090の電話番号が保存されたSIMカードを挿せれば
電話番号を持ちたいという目的が達成
できます。

 

結局キャリアと契約する必要があるのか?

では、080/090の番号を持つには
キャリア(DOCOMO、au、SoftBankなど)と
契約するしかないでしょうか?

ここでポイントとなるのが MVNO業者の存在 です。

MVNOとは、キャリアなどから
無線通信インフラを借りてサービスを提供する事業者のこと で、

  • インフラの設備投資がないことと、
  • 不要なものを省いたサービスメニューがあること、

などから月々の料金が安価なものが多いです。

※MVNO:Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)
 

このMVNO事業者数は400弱(!)も存在するのですが、
「090音声通話」などをオプションとして提供している
事業者を選択すれば携帯番号を持つことができます。

※参考:移動系通信市場における 新規参入事業者の事業環境
http://www.soumu.go.jp/main_content/000220876.pdf

 

MVNO事業者を選択するときの注意点

注意いただきたいことが1点、
「音声通話」と「090音声通話」が別のサービスの可能性です。
 

実は、音声通話を行う方法として
上記までは携帯電話サービスを提供する
キャリアのインフラを使うことを前提にお話ししていたのですが、

「IP電話」 と呼ばれるサービスを
音声通話の機能として表記している事業者もあるのです。
 

IP電話とは、
インターネット回線(キャリアの提供する電話網とは違う)を用いて
「050」で始まる電話番号を割り当てたサービス
です。
 

通常の電話網(キャリアの提供するものと考えてOK)と
相互接続されているので電話の機能的としては大差ないのですが、

インターネット回線の混み具合などで
遅延が発生するなどのデメリットがあります。
 

つまり、
「050」は機能的には変わらないものの「携帯番号」ではありません。

が、機能的に同じなので「音声通話」として
提供されている場合があるので、
080/090の「携帯番号」を持ちたいのであれば、
選択してはならないのです。

 

まとめ

話せればいいじゃん、と言う方に取っては050番号でも平気でしょうし、
最近はfacebookメッセンジャーやLINE電話などでも通話ができますから、

通話情報が記録されている危険性 を無視できる環境であれば
アプリの通話機能を利用するのも良いかと思います。
 

時代に合わせてリスクを考えながら
サービスを選択するのが大事ということですね。
 

自分でじっくり考えるのもオッケー。

でも、早く確実に結論に達したいのであれば、
ITの専門家にであるITコンサルタントに聞いてください。

ITコンサルティング サービス
http://www.dreamhive.co.jp/business/consulting

 
ITに関する疑問であれば、とりあえず質問してみてくださいね。
※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!
 

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。