格安スマホでも携帯番号は使えるの?

とうおるるるる、るるるるるる、るるるるる、るるるん
#ドッピオ風

キャリアによっても変わりますが、
電話の呼び出し音というのは誰が聞いてもわかりますね。

さて、今日のネタは呼び出し音ではなく、
携帯番号についてです。
 

携帯番号といえば080や090が有名ですが、
PHSの070もMNPも可能になるなど携帯番号になったことから、
だんだんと多様化してきていますね。
 

※番号については総務省の「電気通信番号指定状況」が参考になります
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/top/tel_number/number_shitei.html

このように色々ある携帯番号ですが、
格安スマホでも使えるのか? という相談を受けました。

結論からいうと、、、

 

結論からいえば、購入するSIMカードに依存 します。
 

電話をかけるための条件

ここでいったん
スマートフォンが携帯番号を持つという構成とはどういうことか、
について確認しましょう。

ポイントは2つあります。
 

通話のための機能

1つめは、
スマートフォンを電話として使用するためには、
通話のための機能(主にハードウェア)を持つ 必要があります(ざっくり)。

だから、通話のための機能が付いていれば、
パソコンでも(私は存在を知りませんが)
タブレットでも(一部機種が存在します)
通話することが可能です。
 

SIMカード

2つめは、SIMカードと呼ばれるカードが必要です。
※SIM:Subscriber Identity Module

SIMカードとは、

「電話番号を特定するための固有のID番号や携帯番号、
契約者情報を記録などが記録されたICカードのこと」

で、あらかじめキャリアと契約して貸与されます。
 

日本では、DOCOMOがFOMAカード、auがauICカード、
SoftBankがUSIMカードなどと呼び方が異なりますが、
すべてSIMカードのことです。
 

つまり、

通話機能を持ったデバイス(スマホやタブレットなど)に
SIMカードを挿せば電話をかけられる

ということです。

 

スマホで携帯番号を使うためには・・・

続いて、
元々の質問である080/090の電話番号を持てるのか、
についてです。

通話機能を持ったデバイス(スマホやタブレットなど)は、
あくまでもハードウェア的に電話をかけられるだけであり、
電話番号などの情報は持っていません
 

電話番号を管理しているのは
キャリア(DOCOMO、au、SoftBankなど)であり、
その契約情報と電話番号が保存されたのがSIMカードですので、

結論は 080/090の電話番号が保存されたSIMカードを挿せれば
電話番号を持ちたいという目的が達成
できます。

 

結局キャリアと契約する必要があるのか?

では、080/090の番号を持つには
キャリア(DOCOMO、au、SoftBankなど)と
契約するしかないでしょうか?

ここでポイントとなるのが MVNO業者の存在 です。

MVNOとは、キャリアなどから
無線通信インフラを借りてサービスを提供する事業者のこと で、

  • インフラの設備投資がないことと、
  • 不要なものを省いたサービスメニューがあること、

などから月々の料金が安価なものが多いです。

※MVNO:Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)
 

このMVNO事業者数は400弱(!)も存在するのですが、
「090音声通話」などをオプションとして提供している
事業者を選択すれば携帯番号を持つことができます。

※参考:移動系通信市場における 新規参入事業者の事業環境
http://www.soumu.go.jp/main_content/000220876.pdf

 

MVNO事業者を選択するときの注意点

注意いただきたいことが1点、
「音声通話」と「090音声通話」が別のサービスの可能性です。
 

実は、音声通話を行う方法として
上記までは携帯電話サービスを提供する
キャリアのインフラを使うことを前提にお話ししていたのですが、

「IP電話」 と呼ばれるサービスを
音声通話の機能として表記している事業者もあるのです。
 

IP電話とは、
インターネット回線(キャリアの提供する電話網とは違う)を用いて
「050」で始まる電話番号を割り当てたサービス
です。
 

通常の電話網(キャリアの提供するものと考えてOK)と
相互接続されているので電話の機能的としては大差ないのですが、

インターネット回線の混み具合などで
遅延が発生するなどのデメリットがあります。
 

つまり、
「050」は機能的には変わらないものの「携帯番号」ではありません。

が、機能的に同じなので「音声通話」として
提供されている場合があるので、
080/090の「携帯番号」を持ちたいのであれば、
選択してはならないのです。

 

まとめ

話せればいいじゃん、と言う方に取っては050番号でも平気でしょうし、
最近はfacebookメッセンジャーやLINE電話などでも通話ができますから、

通話情報が記録されている危険性 を無視できる環境であれば
アプリの通話機能を利用するのも良いかと思います。
 

時代に合わせてリスクを考えながら
サービスを選択するのが大事ということですね。
 

自分でじっくり考えるのもオッケー。

でも、早く確実に結論に達したいのであれば、
ITの専門家にであるITコンサルタントに聞いてください。

ITコンサルティング サービス
http://www.dreamhive.co.jp/business/consulting

 
ITに関する疑問であれば、とりあえず質問してみてくださいね。
※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!
 

【最後まで読んでくれたあなたにプレゼント】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メール講座『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です