参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】Android を使っているとどこを歩いたかまでバレる!?

自分のスマートフォン(Nexus 5)が突然、
先日まで新人研修に向かっていた研修会場を
「職場に設定しますか?」と聞いてきました。

※もちろんノーです・・
 

今の世の中、Android スマートフォン含め、
Google に関わらずにインターネットを利用するのは
なかなか難しいと思います。

しかし、デフォルトの設定のまま使っている方は、
検索履歴どころか実は行動した経路まで
情報の履歴を取られていることを知らないのではないでしょうか?
 

そこで本日は、

  • 今時点で Google のアカウントがどのような情報を取得しているのか
  • 見られた行動の履歴情報はどこにあるのか?
  • 履歴を残さないにはどのようにすればよいのか

についてお話しさせていただきます。
 

この話を知ることで、
ヨメからの「あなたどこ行ってたの!」リスクに備えることができます(嘘)。
 

今時点で Google のアカウントがどのような情報を取得しているのか

これを書いている 2014/10 時点で、

Google は 代表的なものだけ挙げても
次のような情報を取得していると利用規約に書いています。
 

Android

利用したことがある Android 端末の数・種類を管理する機能です。

売却しても情報は残りますので、
不要になった端末のデータは削除した方が良いでしょう。
 

Chrome Sync

Google Chrome で同期している
パスワードや拡張機能を確認できる機能です。

自動入力、ブックマークなどもここで見られます。
 

Gmail

Gmail 上で利用しているメールデータやチャットなどの
データを確認する機能です。
 

Google フォト

Picasa や Google+ に保存した写真数などを確認する機能です。
 

Google+

Google+ のプロフィール、サークル、
ページなどのデータを確認できる機能です。
 

Play ストア

Play ストアでインストールしたアプリの数などを確認できる機能です。
 

Sync データ

Google のメール、連絡先、カレンダーなどのデータを、
携帯電話、タブレット、デスクトップ プログラムと
同期する設定について確認できる機能です。
 

YouTube

YouTube のアカウント、投稿した動画、
プレイリストなどを確認できる機能です。

再生回数や人気の動画のサマリーも見られます。
 

ロケーション履歴

行ったことがある位置情報が時間と共に記録されており、
その情報を確認できる機能です。

Google Now などで利用されるため、
冒頭の私の話の様に毎日同じ経路を同じ時間で辿っていると、
行き先を職場認識したりします。

※Google Now:履歴情報からユーザーに有益な情報を自動配信する機能
 

検索履歴

検索した履歴を確認できる機能です。

ウェブでのキーワード検索以外にも、
画像、ニュース、動画、マップ、などの
直近の履歴のサマリーが表示されます。

 

これらの履歴データは全て Google アカウント毎に管理されます。

どのような情報が管理されているかの最新の情報は
Google のデータツールから確認することができます。
 

今回はこの中の「ロケーション履歴」について掘り下げてみます。

 

見られた行動の履歴情報はどこにあるのか?

勘違いして欲しくないのですが、
Google も勝手にすべてのデータを保管しているわけではありません。

(ほとんどの方が読み飛ばすと思いますが)
アカウント取得時に表示される同意事項に書かれていますし、
あとからその設定を自分で変更することもできる様にしています。
 

Google が管理している情報の確認・変更は、次の手順で行えます。

  1. パソコンのブラウザー(Chorme を推奨)を開き、Google や Gmail などの Google のサービスにログインします
  2. 右上のアカウント画像(丸いやつ)を開き、「アカウント」リンクをクリックします
  3. 「データツール」タブ、「ダッシュボード」の右側にある「アカウントデータを表示」リンクを開きます
  4. パスワードを再度入力します
  5. 「ロケーション履歴」を展開し、「ロケーション履歴を表示」リンクを開きます
     

○Google のダッシュボード
Google ダッシュボード
 

次の画像は、私が高崎に行ったときのロケーション履歴情報の画面です。

○ロケーション履歴の画面
Google ロケーション履歴
 

いかがでしょうか?

左側にある「時刻を表示」を開くと、
いつどこからどこへ移動したのか、などの情報が
分単位でかなり正確に表示されます(図中(A))。

また、どの時間帯が移動距離が大きいのかも
地図の下に表示されているのが確認できるでしょう(図中(B))。

 

履歴を残さないにはどのようにすればよいのか

これまでお見せしたような履歴情報は、
個別でもまとめてでも削除することが可能ですし、
今後取らないように設定することもできます。
 

Google が取得しているかの確認方法

ダッシュボードのアカウント アクティビティを見れば、
現在その情報を利用しているかどうかを確認することができます。

ダッシュボードの各カテゴリーで「有効」と表示されている場合は、
取得されています。
※先の手順でダッシュボードを開いてください
 

履歴削除の方法

「ロケーション履歴」のデータであればその画面を開き、
「この日の履歴を削除」や「すべての履歴を削除」を
選択することで削除できます(図中(C))。

○ロケーション履歴の画面
Google ロケーション履歴
 

履歴を取らないように設定を変更する方法

今後は履歴を取らない、と言うのであれば、
設定アイコン(図中(D))を開き、
「アカウント履歴の一時停止」ボタンをクリックしましょう。

再度有効にしない限り、履歴を取らないようになります。
 

○ロケーション履歴の画面
Google ロケーション履歴

○アカウント履歴の一時停止画面
Google アカウント履歴の一時停止
 

一時的に記録しないようにする方法

もっと手軽に履歴の記録を一時的にやめるならば、
利用している端末を Google からログアウトするのも方法の一つです。

また、パソコンであれば
「シークレット ウィンドウ(Chrome)」や
「プライベート モード(Firefox)」などを利用するのも良いですね。

 

まとめ

自宅のパソコンを使うのに
Google アカウントを共有するなどしていると、
どこに行ったのかの情報で余計なトラブルが発生しかねません。

きちんと利用者ごとに分けるのが賢明でしょう(笑)
 

具体的なやり方などを知りたければ、
弊社の IT コンサルタントにご相談ください。
 

その他、IT 関連の疑問があれば、お気軽にご相談ください。
※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!
 

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。