あなたの使っているアプリが Windows 8.1 で動作するかをチェックできる便利なサービス

あなたが個人であっても
会社の情報システム部門の担当者であっても、

業務で使っているパソコンを
Windows 8.1 にアップグレードしたいときに

今使っているアプリケーションが
新しい OS で動作するかどうかは
とても気になるところだと思います。

実際に、Windows 7 まで動いていても
Windows 8.1 ではそのまま動かない(互換性問題と言います)
アプリケーションは少なからず存在しているため、
OS のアップグレードには躊躇してしまうところでしょう。
 

そこで本日は、

  • あらかじめアプリケーションが動くかどうかをチェックする方法
  • Windows 8.1 の互換モードを使って動かす方法

についてお話しさせていただきます。

 

あらかじめアプリケーションが動くかどうかをチェックする方法

 

2種類ある Windows アプリケーション

Windows 8 以降、2種類のアプリケーションが存在します。

旧来の Windows デスクトップ環境で動作する
デスクトップ アプリケーションと呼ばれるものと、

Windows ストアで提供される
Windows 8 以降でしか動作しない
ストアアプリケーションです。

※Windows ストアとは、
 アプリケーションや音楽などを購入できる
 Windows 8 以降の専用のサービス
(Mac OS/iOS の App Store のようなものです)
 

後者の Windows ストア アプリケーションは、
Windows ストアで公開される前に
Microsoft のテストと認定プロセスを経ているため、

ほぼ問題なく動作すると考えて良いでしょう。
(それでも作りが悪くて動かないものも存在してしまうのですが・・)
 

Windows 互換性センターの情報を確認する

Windows 互換性センターとは、
Windows 8/8.1 互換性情報を提供する
Microsoft の Web サイトです。

○Windows 互換性センター
http://goo.gl/1W0Egb

サイトにアクセスしてアプリの名前で検索すれば、
互換性についての情報を得ることができますので、

利用されているアプリケーションが
利用可能かあらかじめ確認することができます。
 

アップグレード アシスタント

アップグレードアシスタントとは、

  • 利用されているパソコン
  • デスクトップ アプリ
  • 接続されているハードウェア デバイスをスキャンし

Windows 8/8.1 で動作するかどうかを
互換性レポートという形でまとめて提供する
Microsoft 製の無料のアプリケーションです。

先述の Windows 互換性センターと違って
インストール作業が必要ですが、

アップグレードが可能かどうかを
全自動で確認してくれる手間いらずのです。
 

○アップグレード アシスタント
http://goo.gl/0ghTY3

 

Windows 8.1 の互換モードを使って動かす方法

 

以上の話は、
これから Windows 8/8.1 へのアップグレードを
検討している方向けの話でした。

すでに Windows 8/8.1 にアップグレードしてしまい、
動作しないアプリケーションで困っている場合には、
次の様な対処方法を利用することで
動作させることが可能かも知れません。
 

アクションセンター

アクションセンターとは、
Windows が動作するために必要な処理を
一括して確認することができるツールです。

このツールを使うことで
以下のプログラム互換性の設定のような
トラブルシューティングを実行することができます。

○アクションセンター
http://goo.gl/NViNQB

※「コントロール パネル」の「検索ボックス」や「検索チャーム」から、
 「アクションセンター」で検索して実行してください
 

互換モードを利用する

プログラム互換性のトラブルシューティングとは、
Windows 8/8.1 で動かないアプリケーションに対して
以前のバージョンの Windows の動作を
シミュレーションして動作を試みる機能です。
 

「アクションセンター」の「トラブルシューティング」リンク、
「プログラム」リンクを開くと、

現在互換モードが設定されている
アプリケーションの一覧などを確認できます。

○トラブルシューティング
http://goo.gl/WobZel
 

互換モードで動作させるプログラムを追加するには、

  1. プログラムを右クリックして「プロパティ」を開き
  2. 「互換性」タブを選択
  3. 「互換モード」にチェックを入れたあと
  4. 動作をシミュレーションしたいバージョンの Windows を選択する

だけです。
 

次回以降そのプログラムを実行する際には、
指定されたバージョンの Windows で自動的にシミュレーションされます。

○互換モードの設定画面
http://goo.gl/IpyMiT
 

なお、あなたが企業の情報システムを扱う立場であれば、
「Windows アセスメント&デプロイメントキット(Windows ADK)」に同梱されている
「Microsoft Application Compatibility Toolkit(ACT)」を用いることで、
Windows 8/8.1 とアプリケーションの互換性を確認するのも良いと思います。

○Windows Application Compatibility Toolkit の入手方法
http://goo.gl/cM695U

 

まとめ

だんだんと普及してきている Windows 8.1 マシンですが、
互換性や操作性の観点から Windows 7 を選択する方・企業も多く見られます。

安全性だけの尺度であれば
Windows 8.1 を強くおすすめするのですが、
なかなか全ての企業に対しての選択肢ではないものですね。

※個人的にはとりあえずアップグレードして、
 ダメなものだけ互換モードにすれば良いと思っているのですが・・
 もしくは新しいパソコンを買ってしまうとか(笑)
 

今回の具体的なやり方などが分からなければ、
弊社の IT コンサルタントにご相談ください。
 

その他、IT 関連の疑問があれば、お気軽にご相談ください。
※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!
 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

ところであなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』メール講座
メールアドレス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です