参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】超簡単にウェブサイトに適した軽量動画を YouTube から作りだす方法

とりあえずこの動画のリンクを開いて見てみてください。
http://wp.me/a18kvs-Gd
※音は出ません
 

ちょっとカクカクした感じはあると思いますが、動画ですね。

これは画像フォーマットの1つである
GIF フォーマットを使った疑似動画なんです。

古くからある画像フォーマットなので
携帯を含む多くのブラウザーで表示可能であり、
ウェブサイトのアクセント画像などに使うと反応率があがります。

 

そこで本日は、

  • GIF フォーマットとはなにか
  • GIF 動画をウェブサイトで使うメリット
  • YouTube 動画から GIF ファイルを簡単に作りだす方法

についてお話しさせていただきます。
 

GIF フォーマットとはなにか

GIF(Graphics Interchange Format)は、
256色以下の画像を扱うことができる
可逆圧縮形式のファイルフォーマットです。

1987 年に生まれ、
1990 年から透過機能やアニメーション機能に対応するなどと歴史が古く、
表示や編集に対応しているソフトウェアが非常に多いものです。

参考:Wikipedia
http://goo.gl/kp4Pwj
 

特長

GIF フォーマットの持つ代表的な特長を次に挙げます。

  • 古くからある
  • 多くのブラウザーでサポートされている
  • ブラウザーでプラグインが必要ない
  • HTML の img タグや a タグで利用できる
  • 背景を透過できる
  • 2色モノクロから、フルカラー(16,777,216色)中 256 色までの色をサポート
  • 1ファイルに複数の画像を含められる
  • インターレス表示(ファイルのダウンロード状況に合わせて段階的に表示する)に対応
     

アニメーション機能とは、
複数の画像を1ファイルに含めることができる特徴を使って
画像を連続して表示させることで、
動画のように見せることを指しています。

パラパラアニメと考えていただくとわかりやすいでしょう。

 

制限・苦手なこと

GIF フォーマットを使う際の制限、苦手なことも挙げておきます。

  • 音声ストリームを扱えない
  • 最大同時表示色数は 256 色のため、写真などの自然画の表現は難しい
  • 含まれる画像が増えるとデータが大きくなる(フレーム間圧縮の機能が無いため)

 

GIF 動画をウェブサイトで使うメリット

上記に挙げたような特徴を持つ GIF フォーマットですが、
ウェブサイトに使うと次のようなメリットがあります。

古くからあり多くのブラウザーでサポートされているので、

ユーザーにプラグインの設定などをしてもらわなくても見てもらえる

秒単位の動画であれば、

mp4 などの動画フォーマットよりもファイルサイズが小さい

簡単に利用できるツールがたくさんある

 

実際、次のようなアクセント画像があると思わず惹かれませんか?

○Cinemagraphs
http://goo.gl/fUU2G3
 

ここまで本格的に作らないにしても、
サービス紹介などに使えそうだと思っていただければ OK です。

 

YouTube 動画から GIF ファイルを簡単に作りだす方法

では作り方の一つで本日のテーマ、
『YouTube 動画から GIF ファイルを作り出す方法』についてです。
 

他にも作り方は色々あるのですが、今回ご紹介する方法はなんと
変換したい YouTube の URL に3文字足すだけ!

次の例の様に、youtube.com の前に「gif」を付けるだけです。
 

○変換したい YouTube 動画の URL
https://www.youtube.com/watch?v=CdJCVbRZAUA

○変換のための URL
https://www.gifyoutube.com/watch?v=CdJCVbRZAUA
 

リンクを開いた後は変換を開始する時間と変換する範囲(1~10秒)を指定し、
完成した GIF データをダウンロードすれば終了です。

ブラウザーや混雑具合によって時間がかかる場合もありますが、
参考までに私の場合は Internet Explorer で作業を行い、
3分の動画を読み込ませるのに10秒かかりませんでした。

 

まとめ

このように、YouTube の動画があれば
簡単に GIF アニメーション動画を作り出せることを
知っていただたかと思います。
 

  • ウェブサイトのトップで
  • セールスページの途中で

などの商品を紹介するなどにも使えますし、
 

アクションボタン(購入や次へなどの行動を促すボタン)などの
アクセント画像に使うのもアリだと思います。

 

画像編集ソフトなどでも GIF ファイルは扱えるものが多いので、
どんどんウェブサイトで活用していきましょう。
 

利用方法などが分からなければ、弊社の IT コンサルタントにご相談ください。
 

その他、IT 関連の疑問があれば、お気軽にご相談ください。
※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!
 

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。