事実上アクセスアップに必須となったOGPを設定しよう

あなたが Facebook や Twitter を使って
アクセスアップを考えているならば、

OGP という仕組みを知っているかどうかが
その効果に大きな影響を及ぼすことを知っておくべきでしょう。

そこで本日は、

  • OGP がいったいなんなのか
  • アクセスアップするためには何を設定するのか

についてご紹介したいと思います。

本コンテンツの対象となる方

  • OGP が何か知りたい方
  • アクセスアップに興味がある方

OGP とは

OGP (Open Graph Protocol) は、
Facebook, Twitter, Google+, mixi, GREE などの SNS で
使われている共通の仕様のことです。

この仕様によって、
ウェブページで提供しているコンテンツがどのようなものかを
各 SNS へ明示することができます。

シェアやいいね!、ツイートされたときに表示される
ウェブページの説明テキストやサムネイル画像が
自由に指定できる、といえばわかりやすいでしょうか。

OGP のメリット

OGP を使うことで、SNS で URL が共有されたときに
ウェブページのタイトル、コンテンツの説明、サムネイル画像を
自分の思ったとおりに表示させる事ができます。

OGP には、場所や地域情報、連絡先、音楽や動画などの情報を
含めることもできます。

対応している SNS に OGP の情報を使ってもらうことで、
他者に自分のウェブサイトの情報を共有してもらうタイミングで、
付加情報を付けることが可能です。

つまり、ウェブページの制作者の意図をもって
リンク先の情報に付加価値を設定することになり、

より強いクチコミ効果の面も持ち合わせているということです。
※しかも画像・音楽・動画を付けて

OGP の導入方法

このようにメリットの大きい OGP ですが、
導入は meta タグを記述するのみです。

HTML を使ってサイトを作成したことがあれば、

description や keywords の指定と同じ、
と言えばピンと来るのではないでしょうか?

具体的には次のような記述を行います。
※弊社サイト(http://www.dreamhive.co.jp/)のソースの抜粋です

<html>
<head>
<meta property="og:title" content="ITを利用した仕組み作り:システム開発とITコンサルティングの株式会社ドリームハイブ" />
<meta property="og:type" content="blog" />
<meta property="og:url" content="http://www.dreamhive.co.jp/" />
<meta property="og:image" content="http://www.dreamhive.co.jp/~/images/default-user-image.png" />
<meta property="og:site_name" content="ITを利用した仕組み作り:システム開発とITコンサルティングの株式会社ドリームハイブ" />
<meta property="og:description" content="ドリームハイブのITコンサルティング WordPress 利用者必見!無料動画プレゼント実施中 ドリームハイブの業務内容" />
</head>
<body>

とりあえずは、次の5つの meta タグを設定することで
効果を感じてもらえるのではないでしょうか。

◎og:title (必須)

ウェブページのタイトルを指定します。

◎og:url (必須)

ウェブページの URL を指定します。

◎og:image (必須)

ウェブページにイメージ(アイキャッチ)となる画像を指定します。

◎og:type (必須)

ウェブページが何のページであるかをしています。
値:blog,article,website

◎og:description

ウェブページのコンテンツにどのような内容が含まれているかを指定します。

難しい? WordPress なら簡単です

上記の HTML コードは決して複雑なものではありませんが、
実作業としてすべてのコンテンツで書かなければならないとなると、
それなりに手間であることは確かです。

しかし、もしあなたがウェブサイトを
WordPress で構築されているのであれば、簡単な方法があります。

それは、All in One SEO などのプラグインを導入することです。

そうすれば、わずかな設定のみで
HTML を書くことなく OGP に必要な meta タグを、
本来書くべき形でプラグインが記述してくれます。

プラグインによって設定方法・画面は違いますが、
先に挙げた5つのポイントを設定してください。

まとめ

実のところ、OGP という仕様自体がまだまだ発展途上であり、
記述の仕様が変わることがあります。

今回ご紹介した All in One SEO 以外にも
WordPress で OGP を扱うことができるプラグインは
たくさんあるのですが、

仕様が変わったときプラグインの
更新が行われるものを選択するようにしてください。

もしまだ導入していないのであれば、
たくさんのアクセスを逃していることになりますよ!

その他、IT 関連の疑問があれば、お気軽にご相談ください。

※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!

ところで、

『顧客に見つけてもらう仕組み』に興味はありませんか?

仕組みができていないために起きた失敗の実例を元に、自社サイトを成功に導くための9つのポイントを、メール講座として提供しています。

WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メールアドレス:

過去の講座受講者から感想をいただきました♪

事実上アクセスアップに必須となったOGPを設定しよう” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です