かなりイケてるWindows 8.1のアップデートは4/9(火)に提供開始

性能を別にして、その使い心地に賛否両論ある Windows 8.1 ですが、
最新のアップデートが現地時間の 4/8、日本時間では 4/9 に提供が開始されます。

サブスクリプション契約している方には既に配布が始まっており、
弊社でも早速アップデートしてみました。

はたして一般に受け入れられるのか?と言う視点で本日ご紹介いたします。

<<本コンテンツの対象となる方>>

・Windows 8.1 を好きな方
・Windows 8.1 を嫌いな方

<<Windows 8.1 Update で何が変わるのか?>>

弊社の視点で大きな変更だと思うポイントとそのメリットを列挙してみます。

○ストアアプリでもタスクバーが表示される
→ モダン UI と呼ばれるタブレットなどで便利なインターフェイス上でも、
マウスを画面下部に動かす事でデスクトップ UI と同様の
タスクバーが表示される様になりますので、
アプリの切り替えなどがシームレスに行えるようになります

○デスクトップモードでもストアアプリがタスクバーに表示される
→ この変更により、全ての起動しているアプリの切り替えがタスクバーで行え、
一覧性が高くなります

○タスクバーにストアアプリをピン留めできる
→ この変更により、デスクトップモードから
よく使うストアアプリをすぐに呼び出せるようになりました

○ストアアプリでもメニューバーが表示される
→ マウスを画面上部に動かす事で、
アプリのシステムメニューや最小化・閉じるボタンが表示されるようになり、
デスクトップアプリと同じ操作でストアアプリを扱うことができる様になります

→ システムメニューからアプリの画面分割が行えるようになり、
マウスでの操作が簡単になりました

→ 「Alt+スペース」ショートカットキーでも動作します

○スタートスクリーンに電源ボタン・検索ボタンが配置された
→ これまでチャーム(「Win+C」)を呼び出してから機能を選択していた
シャットダウンや再起動、検索の機能がスタートスクリーンの右上に
配置されたことで、操作の手順が減って簡単にアクセスできるようになりました

○スタートスクリーンのすべてのアプリがインデックス化
→ すべてのアプリを表示した時に、
A~Z、あ~、のインデックスが表示される様になり、
アプリを探すのが簡単になりました

○スタートスクリーンのタイルを右クリックするとコンテクストメニューが表示される
→ 直接アプリのタイルサイズを変更する事ができるようになるなど、
これまで画面下部のメニューへアクセスする必要があったマウスの移動が減りました

○SkyDrive が OneDrive に名称変更
→ 表示名が変更され、エクスプローラー上での視認性が上がりました

○ネットワーク接続を右クリックするとコンテクストメニューが表示される
→ これまで手間だった不要な Wi-Fi ネットワークの削除などが
簡単に行えるようになりました

<<ドリームハイブとしておすすめできるか?>>

これは、間違いなくイエスです。

とくに、Windows 8 から導入されたモダン UI に慣れず、
従来のようなデスクトップモードでの利用が多い方にとっては
とても良いアップデートだと思います。

押しつけがましい感じも無く、
デスクトップアプリで便利な機能がストアプリに取り入れられ、
様々な動作がブラッシュアップしていて違和感も少なく利用可能になったと言えます。

モダン UI が好みというどちらかと言うと少数派の方でも、
今回のアップデートを行ったからと言ってマイナスになる部分はありません。

逆に、使っていなかった機能を見つけることさえできるかも知れません。

このようなメリットがあるアップデートは、
日本時間で 4/9(水) から提供開始です。

是非アップデートを行ってみてください。

<<まとめ>>

今後スケジュールされている変更も、次の様なものが存在します。

・従来のスタイルのスタートメニューの復活!
・ストアアプリがデスクトップモードで利用可能に!
・1つのアプリが Windows/Windows タブレット/Windows Phone で
動作するユニバーサルアプリに!
・9インチ以下の画面サイズのタブレット、スマートフォン向けの Windows は無料に!

どれもワクワクする内容ですね!

今回のアップデートでも、

動作に必要なディスク容量・メモリの容量が共に削減するなど
プラスの変化が大きいのですが、

これだけ大きな企業でも
常に新たな動きをし続ける必要があると言う良い刺激になります。

今回の様なアップデートなど
弊社では早めにキャッチアップするよう心がけていますので、

ちょっとしたことでも質問いただければ、
思わぬところで効率化を図れるかもしれませんよ!

その他、IT 関連の疑問があれば、お気軽にご相談ください。
※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!

ITを活用したいのに専任者がいなくて困っている企業向けの相談と実務サポートを行う「ITコンシェルジュ」というサービスと、WordPressの相談と実務に特化した個人事業主向けのサービス「WordPress安心サポートサービス」を提供しています。
美味しい料理とお酒、デジタルガジェット、ジョジョ・ガンダム・マクロス、不動産投資が趣味で、よく寝る奥さんとよく寝る娘2人、よく寝るネコが家族です。
詳しいプロフィールはこちら

ここまでお読みいただきありがとうございます。

ところであなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。

Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』

について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

  • ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
  • 自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
  • 無料ブログとの違いを知りたい!
  • あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
  • プラグイン選びの方法を知っておきたい!
  • SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
  • 自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』メール講座
メールアドレス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です