発注担当者が覚えておくべき Web 開発にかかる3つのコスト

3つのコスト

あなたは Web システム開発の発注をしたことはあるでしょうか?

発注の際、複数に見積もりを取るなどして
十分に費用を抑えたつもりでも、
結局あとからコストがかさむことも多いと思います。

そこで本日は、システムの発注担当者が
あとでこんなつもりじゃ無かったのに!とならないために
知っておくべき3つのコストについて、お話ししたいと思います。

本コンテンツの対象となる方

  • CMS などを使ったホームページの発注担当者
  • システム開発の担当者

3つのコスト

まず、3つのコストを列挙します。
※Webシステムの製作を例にしています

  • 初期コスト
  • 運用コスト
  • 保守コスト

初期コスト

初期コストは、システムを設計し、製作し、動作させるために
必要なコストの事です。

システムを最初に作るために存在するものですね。

運用コスト

”運用”とは、”システムを使う”ことです。

システムの種類によって使うの定義は変わりますが、
システムに対してデータの参照・入力・チェック・印刷などの
定型的な作業を指します。

主にユーザーが操作する作業を指します。

つまり、”運用コスト”は本来導入された企業にかかるコストです。

現実としては、”運用”するためにシステムの使い方のレクチャーを受けたり
トラブルなど際に製作側のサポートが必要となるため、
そのサポート費用としてコストをかけることが多いです。

保守コスト

”保守”とは、”システムがトラブル無く動作し続ける事”です。

その”保守”作業にかかるコストが”保守コスト”です。

時代の変化に合わせて発生するセキュリティリスクなどに対応するため、
サーバーで使われているソフトウェアはアップデートなどが随時行われます。

アップデートがあれば、システム側も動作するように改変が必要ですので、
そこで”保守コスト”がかかります。

開発業務と保守業務は関係性が強く、
基本的に両業務は同じ会社で対応するのが望ましいです。

かしこく発注するためのポイント

システム開発会社というのはSIerとDeveloperと呼ばれる2種類があります。

建築業界と同じように次の役割で考えると分かりやすいと思います。

受注元 → SIer
製作の下請け → Developer

ただ、この構図だと問題が1つあります。

前述した通り本来は開発も保守も同じ会社が対応すべきなのに、
開発と保守が別の会社になってしまいがちなことです。

それを踏まえると、発注のポイントは次の3点です。

  • 発注するときにはどこの会社が何を担当するのかを明確にすること
  • どのようなコスト配分になるのかを明確にすること
  • どの業務にどの会社が責任を取るのかを明確にすること

これらを初期・運用・保守に分けて文書化しましょう。

*

見積もり段階では最小の初期コストのみしか提示せず、
受注してから機能追加と言う名目でコストをつり上げ、

クライアントが逃げられなくなる
開発終了のタイミングで高額な運用・保守のコストを出すという、

詐欺まがいな開発会社は結構存在していますよ。

ドリームハイブの場合

弊社が Web システム開発を受注する場合は、
SIer の業務に Developer 部分を含めた立ち位置で、
安全なフレームワークを利用して開発を行うことが特徴となっています。

これは、クライアントさんにとって2つのメリットがあります。

1つめは、先ほどの様な SIer/Developer の両属性を持っているので
責任範囲が弊社のみとなり、わかりやすいこと。

2つめは、オープンソースのフレームワーク(WordPress や CodeIgniter)を
利用しているので、セキュリティなどの重要な問題が、
非常にたくさんの開発者によって常に改善され続けていることです。

もちろん見積もりの段階で、
予測されうる範囲の保守・運用コストについてもお出ししています。

まとめ

あなたの会社で開発費用のコストをダウンするには、
見積もりを取る段階から注意しなければならないと言うことです。

初期・保守・運用の業務内容とコストを明確にすることです。

もしあなたが実際に発注に際して心配することがあれば、
お気軽にご相談ください。

調査が必要な範囲になると有償になりますが、
簡単なチェック程度であれば
弊社のどのコンサルタントでも受け付けております。

10年集客し続けられるサイトを、ワードプレスで自作する9つのポイント プレゼント

【最後まで読んでくれたあなたに】

あなたは、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作りたい!と思ったことはありませんか?

私はこれまで500以上のWebサイトの構築と運営のご相談に乗ってきましたが、Webサイトを作ってもうまく集客できない人には、ある一つの特徴があります。

それは、「先を見越してサイトを構築していないこと」です。
Webサイトで集客するためには、構築ではなく「どう運用するか」が重要です。

しかし、重要なポイントを知らずにサイトを自分で構築したり、業者に頼んで作ってもらってしまうと、あとから全く集客に向いていないサイトになっていたということがよく起こります。

そこで今回、期間限定で
『10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント』
について、過去に相談に乗ってきた具体的な失敗事例と成功事例を元にしてお伝えします。

・ワードプレスを使いこなせるコツを知りたい!
・自分にピッタリのサーバーを撰びたい!
・無料ブログとの違いを知りたい!
・あとで悔しくならない初期設定をしておきたい!
・プラグイン選びの方法を知っておきたい!
・SEO対策をワードプレスで行うポイントを知りたい!
・自分でデザインできる方法を知りたい!

という方は今すぐ無料でダウンロードしてください。

期間限定で、無料公開しています。

また、登録するだけでWordPressの質問・相談が*無料*でできます。

■メールの方

10年集客し続けられるサイトをワードプレスで自作する9つのポイント





■LINE@の方

ワードプレスの質問・相談用LINE@

友だち追加


※登録後に表示される利用条件に沿ってご利用ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です