参考になりましたら是非『いいね!』にご協力ください。




ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。


閉じる

【メルマガバックナンバー】発注担当者が覚えておくべき Web 開発にかかる3つのコスト

あなたは Web システム開発の発注をしたことはあるでしょうか?

発注の際、複数に見積もりを取るなどして
十分に費用を抑えたつもりでも、
結局あとからコストがかさむことも多いと思います。

そこで本日は、システムの発注担当者が
あとでこんなつもりじゃ無かったのに!とならないために
知っておくべき3つのコストについて、お話ししたいと思います。

<<本コンテンツの対象となる方>>

・CMS などを使ったホームページの発注担当者
・システム開発の担当者

<<3つのコスト>>

3つのコストとは、次のコストです。
※Web 制作を例にしています

○初期コスト
○運用コスト
○保守コスト

初期コストは、システムを設計し、制作し、動作させるために
必要なコストの事です。

システムが存在するのに必要なもので、
この部分は比較的わかりやすいと思います。

次の、運用コストと保守コストがごっちゃになる方が多いようです。

わかりやすい(と思う)保守コストから説明します。

保守とは作ったシステムを”改善・変更”する事であり、
その保守にかかる作業のコストが保守コストです。

技術の変化によって発生するセキュリティリスクも変わり、
システムの改善が必要ですので、保守コストがかかります。

つまり、システムのアップデートなども保守作業の範囲です。

運用とは、システムを”使える状態に保つ”ことです。

使える状態に保つと言うのは、
Web サーバーやネットワークが止まっていないかの監視などの作業の事で、
何か問題が発生した場合には、外部からきちんと見えるように
問題の発生した箇所を元の状態に戻す作業を行います。

運用時に起こった障害を切り分けた結果、保守が必要となる場合もあります。

この中で開発と保守の業務は関係性が強く、
基本的に両業務は同じ会社で無ければ対応できない事が多いのです。

<<発注するときのポイント>>

元々システム開発会社というのは2つあり(SIer・Developer)、
建築業界と同じく SIer が受注元、制作の下請けを Developer が行う
と言う構図が根付いています。

つまり、開発と保守が別の会社になりがちなのです。

本来同じ会社が対応すべき業務を分けるに値する理由は重要です。

発注するときにはどこの会社が担当するのか、
どのようなコスト配分になるのか、
などを確認すると言うことです。

SIer が責任を取る様な内容であること、も重要ですね。

酷い会社だと、
見積もり段階では最小の初期コストのみしか提示せず、

受注してから機能追加と言う名目でコストをつり上げたり、
クライアントが逃げずらい開発が終了するタイミングで
高い運用・保守のコストを出してきたりします。

<<ドリームハイブの場合>>

弊社が Web システム開発を受注する場合は、
立ち位置として SIer の業務に Developer 部分を含めていること、
弊社独自ではないフレームワークを利用して開発を行っていることが特徴です。

クライアントさんには2つのメリットがあります。

1つめは、先ほどの様な SIer/Developer の両属性を持っているので
責任範囲が弊社のみとなり、わかりやすいこと。

2つめは、オープンソースのフレームワーク(WordPress や CodeIgniter)を
利用しているので、セキュリティなどの重要な問題が、
非常にたくさんの開発者によって常に改善され続けていることです。

もちろん見積もりの段階で、
予測されうる範囲で保守・運用コストについてもお出ししています。

<<まとめ>>

あなたの会社でコストダウンするには、
見積もりを取る段階から注意しなければならないと言う事です。

ただ、保守・運用が書かれていても、
それがどの程度重要なものなのかはわかりづらいですよね。

調査が必要な範囲になると有償になりますが、

悪質な見積もりでないかのチェック程度であれば
弊社のどのコンサルタントでも受け付けておりますので、
お気軽にご連絡ください。

※Excel や Word などのソフトの疑問などでも大丈夫ですよ!

ドリームハイブの無料メルマガ

週1回のメルマガを発行しています。いつでも解除できるので是非ご登録ください。