CFM 層と fb は関係あるの?

テレビなどでよく聞く F1 層、M1 層等という言葉、
あなたも聞いたことは無いでしょうか?

Web サイトなどでコンテンツを書く場合でも、
どんな人をターゲットにするかで内容も大きく変わると思います。

本日は、この考え方について簡単にお話しさせていただきます。

<<本コンテンツの対象となる方>>

・Web に情報を公開するとき、どのような視点があるか知りたい方

<<CFM 層とは何か>>

主にマスコミ・マーケティングなどの分野で使われる言葉で、
男女年齢別に視聴者などの顧客を区分するためのやり方です。

次の様に分かれています。

C層 男女4歳~12歳
T層 男女13歳~19歳
F1層 20歳~34歳の女性
F2層 35歳~49歳の女性
F3層 50歳以上の女性
M1層 20歳~34歳の男性
M2層 35歳~49歳の男性
M3層 50歳以上の男性

C:Child、T:Teenager、F:Female、M:Male

自社の商品・サービスが、どの層をターゲットにするのかの分類の一つですね。

<<Facebook ページでも情報が見られる>>

このような分類ですが、
実は SNS と連携する際には非常に重要になってきます。

B2C ビジネスの場合、ターゲットを絞る場合になどにも利用するわけですが、
例えば Facebook ページのインサイト機能を使うと、
上記の様な分類でアクセスがどのようにあったのかを簡単に知る事ができるのです。

↓facebook ページのインサイト機能の画面サンプル
http://goo.gl/0aOIY

「いいね!」、「リーチ」、「話題にしている人」などの単位で、
CFM 層の分類で情報を見ることができます。

通常のアンケートでは、アンケート内に年齢や性別を書いてもらうことになりますが、
Facebook のアクセス解析であれば、登録された情報を元に見ることになるので、
そういった手間も省くことができ、効率的にアクセス解析ができるのですね。

弊社が Web サイト以外に Facebook ページを作る事をおすすめすることがあるのは、
まさにココが理由です。

アンケート以上に、コンテンツに対する興味を持った人を簡単に特定できるのです。

<<まとめ>>

SNS の普及により、これまで大変だった個人情報を
簡単に集めることが可能になってきています。

だからこそ、セキュリティ意識を高く保つ必要も出てくるのですが、
会社でこれらを担保するのはなかなか大変なのも事実です。

弊社のコンサルティングサービスでは、
どのように考えれば良いのか、などについての相談も受け付けております。

お気軽にご相談ください。

ところで、

『顧客に見つけてもらう仕組み』に興味はありませんか?

仕組みができていないために起きた失敗の実例を元に、自社サイトを成功に導くための9つのポイントを、メール講座として提供しています。

WordPressをお使いなら、今すぐ無料でご登録ください!

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メールアドレス:

過去の講座受講者から感想をいただきました♪

The following two tabs change content below.
こんにちは、山本 悟です。 中小企業に「賢い近道=スマートカット」をITで提供することをコンセプトに、Webマーケティングの仕組み作りとそのコンサルティングを提供しています。 このWebサイトでは、中小企業がWordPressを使って高性能なシステムを手に入れるための情報を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です